ニュース
» 2015年07月17日 14時44分 UPDATE

順番待ち管理アプリ「Airウェイト」の混雑状況APIを公開、ハウステンボスに導入

リクルートライフスタイルは、順番待ち管理アプリ「Airウェイト」の混雑状況APIを公開。まずは「ハウステンボス」のレストラン8店舗でスタートした。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートライフスタイルは、7月16日に順番待ち管理アプリ「Airウェイト」の混雑状況APIを公開した。

 AirウェイトはiPadにアプリをインストールし、プリンターと接続してユーザーの来店受付や番号券の発券、入店案内をデジタル管理できるサービスだ。これまで番号券を発券した後にサイトへアクセスする、または店頭のモニターでのみ把握できた混雑状況を、導入施設の自社サイトやアプリ、施設内のサイネージなどでも確認できるようになる。

Photo 混雑状況APIの活用イメージ

 まずは第1弾として、長崎のテーマパーク「ハウステンボス」のレストラン8店舗へ導入。番号券の発券に加え、施設内のサイネージでレストランの混雑状況を見ながらハウステンボスを観光できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.