ハウツー
» 2015年09月18日 16時50分 UPDATE

中古スマホで使う格安SIM:ドコモ「Xperia Z1 SO-01F」で「IIJmio」のSIMを使う方法

ドコモの「Xperia Z1 SO-01F」で「IIJmio」のSIMカードを使う方法をご紹介します。

[エースラッシュ,ITmedia]

「Xperia Z1 SO-01F」とは

 「Xperia Z1 SO-01F」は、「Xperia Z SO-02E」の後継機種としてNTTドコモが2013年10月24日に発売した、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン。グローバルモデル「Xperia Z1」を日本国内向けにローカライズしてあり、1080×1920ピクセル表示の約5型液晶を備えている。

photo 「Xperia Z1 SO-01F」
PhotoPhoto カラーはブラック、ホワイト、パープル

 メインカメラには、当時のXperia史上で最高となる有効約2070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用。高性能画像処理エンジン「BIONZ for mobile」やF2.0の明るい「Gレンズ」、動画撮影にも対応した電子式手ブレ補正など、高画質なカメラ機能が大きな特徴だった。フルセグ視聴が可能なほか、ドコモ向け独自の機能として、付属の外付けアンテナを取り付けることで「NOTTV」の視聴にも対応する。中古市場での平均価格は2万5000円前後(税込、2015年9月14日現在)。

「Xperia Z1 SO-01F」の主な仕様
機種名 Xperia Z1 SO-01F
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 4.2.2
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8974/2.2GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5型液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 約720分
連続待受時間 LTE:約610時間、3G:約740時間
バッテリー容量 3000mAh(取り外し不可)
メインカメラ 有効約2070万画素CMOS
インカメラ 有効約220万画素CMOS
ボディーカラー ブラック、ホワイト、パープル
サイズ 約74(幅)×144(高さ)×8.5(奥行き)ミリ
重量 約171グラム
発売日 2013年10月24日
※OSは発売時点のもの

「IIJmio」とは

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する「IIJmio高速モバイル/Dサービス」は、ドコモ網を使った個人向けのMVNOサービス。通話付きSIM「みおふぉん」、データ専用SIM、SMS付きSIM、そしてプリペイドSIMを提供している。

Photo 「IIJmio」のMVNOサービス

 仕様上の通信速度は下り最大225Mbps。余ったデータ容量を翌月に繰り越せたり、最大3枚のSIMでデータ容量をシェアができるプランなど、使い勝手の良さが人気だ。今回は月900円(税別)から利用できるデータ通信SIMを利用した。

「IIJmio高速モバイル/Dサービス データ通信SIM」の料金プラン(税別、2015年9月14日時点)
プラン名 ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
月額料金 900円 1520円 2560円
データ通信量上限/期間 3Gバイト/月 5Gバイト/月 10Gバイト/月(SIMを3枚まで利用可能)
追加チャージ料金 オンライン:100Mバイト/200円 クーポンカード:500Mバイト/1500円、2Gバイト/3000円
SMS機能付帯料 140円
初期費用 3000円
最低利用期間 2カ月(契約翌月の月末まで)
解約金 なし
通信速度(超過後通信速度) 下り最大225Mbps/上り最大50Mbps(通信量超過時およびクーポンオフ時は200kbps)
通信速度制限の条件 200kbps通信時に3日間/366Mバイト以上使うと速度制限する場合がある
SIMサイズ 標準/micro/nano

「Xperia Z1 SO-01F」にSIMを装着する

 SIMカードを装着する前に、本体の電源を切っておこう。画面が下側になるようにXperia Z1 SO-01Fを置き、本体右側面のカバーを開ける。SIMトレイを引き出したら、切り欠きの向きに注意しながらmicro SIMをトレイに載せて本体に挿入。カバーを戻したら完了だ。

Photo 本体の電源を切り、画面が下側になるようにXperia Z1 SO-01Fを置く
Photo 本体右側面のカバーを開けてSIMトレイを引き出す
Photo 切り欠きの向きに注意しながらmicro SIMをトレイに載せる
Photo SIMトレイとカバーを戻す

APNを設定する

 MVNOのSIMカードを使うには、接続先を指定するAPNの設定作業が必要になる。Xperia Z1 SO-01Fでは、「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」からAPNの設定を行う。IIJmio高速モバイル/Dサービスの場合、設定が必要な項目と入力内容は以下の通り(Android 4.2の場合)。

IIJmio高速モバイル/DサービスのAPN設定

  • 名前:任意の名前を入力(例:IIJmio)
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザー名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAPを選択
PhotoPhoto ホーム画面の左下にあるメニューアイコンをタップ(写真=左)。「設定」をタップ(写真=右)
PhotoPhoto 「その他の設定」をタップ(写真=左)。「モバイルネットワーク」をタップ(写真=右)
PhotoPhoto 「アクセスポイント名」をタップ(写真=左)。右上のメニューから「新しいAPN」をタップ(写真=右)
PhotoPhoto APNの各設定項目を入力し、左下の「戻る」をタップ(写真=左)。新たに追加したAPNの右側をタップして指定する(写真=右)

速度はどれくらい?

 SIMカードの装着とAPN設定が終わったところで、さっそく実際の回線速度がどれくらいかを回線速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」でチェックしてみた。測定は新宿区早稲田にあるビルの屋内で、平日(9月17日)の20時前後に行った。

 結果は、1回目が下り2.63Mbps/上り0.39Mbps、2回目が下り2.57Mbps/上り0.40Mbps、3回目が下り2.47Mbps/上り0.39Mbps、4回目が下り2.27Mbps/0.40Mbps、5回目が2.31Mbps/0.38Mbpsだった。

Photo 最も速い下り速度は2.63Mbpsだった

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.