ニュース
» 2015年11月24日 18時31分 UPDATE

リクルート、保育事業者の支援サービスを開始――世田谷区内の認可保育園から

リクルート住まいカンパニーは、保育士の日常業務をサポートする事業者向け支援サービスを開始。まずは2016年1月に世田谷区内の認可保育園を対象に行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーは、11月24日に保育士の日常業務を支援する保育事業者向けアプリケーションサービスを発表した。

Photo 保育事業者向け・業務支援サービス

 本サービスでは、同社から保育事業者へPC・タブレットベースの管理システム、保護者へスマートフォン向け専用アプリを提供。各種業務のオンライン化を進め、保育士の負荷削減を目指す。

 具体的にはアプリを使った遅刻・欠席・延長保育依頼などの連絡、園児数などの情報のリアルタイム更新、時間帯あたりの在籍園児数などから保育スケジュール・職員シフトを自動作成、園児ごとの請求金額の自動計算、行政への補助金請求に必要な登降園データの出力といった基本機能を無料で利用できる。

 今後は社会福祉法人が世田谷区内で運営する認可保育園へ向けた募集を開始し、2016年1月にサービスを開始する予定だ。2016年2月には1園あたり月額1万9800円(税別)の有料オプション機能も提供する。

Photo 費用

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.