ニュース
» 2015年12月02日 06時00分 UPDATE

R25スマホ情報局:ヤマダ電機がWin10スマホ発売 評判は?

ヤマダ電機が11月28日に発売したWindows 10 Mobile搭載スマホ「Every Phone」。実際に触った人がどう感じたのか、ネットユーザーの声を紹介します。

[R25スマホ情報局]
R25スマホ情報局

 家電量販店のヤマダ電機は、Windows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン「Every Phone」を11月28日に発売した。同OS搭載のスマートフォンとしては、日本国内で最初の店頭販売となる。

tb_1202R25.jpg Window 10 Mobile搭載スマホとして国内最速の店頭販売となったヤマダ電機の「Every Phone」
※この画像はサイトのスクリーンショットです

 「Windows 10 Mobile」は、マイクロソフトが開発するスマートフォン、タブレット端末向けのOS。パソコンで広く使われている「Windows 10」のスマートフォン版で、一部のアプリは、パソコン向けの「Windows 10」とスマートフォン向け「Windows 10 Mobile」の双方で作動する。

 Windows 10 Mobile搭載スマートフォンとしては、プラスワン・マーケティングが「FREETEL」ブランドから「KATANA 01」を11月30日に発売することを発表しており、同社は「日本で初めて発売されるWindows 10 Mobile搭載スマートフォン」としてアピールしていた。しかし、ヤマダ電機は11月26日になって「Every Phone」の発売を告知し、その2日後の28日に発売。国内初のWindows 10 Mobile搭載スマホという称号を直前でさらっていった形となる。

 「Every Phone」は5.5インチのディスプレイに2GBのメモリ、ストレージが32GB、カメラは1300万画素(インカメラ500万画素)というスペック。重さ138.6g、厚さ6.9mmという、軽さと薄さが大きな特徴となっている。価格は3万9800円(税抜)。

 ツイッターでは、実際に「Every Phone」を店頭で触ってみたというネットユーザーから、

「ヤマダでEvery Phone触ってきたけど、割といい感じに仕上がってるなぁ」
「ヤマダのEvery Phoneさわってみたが良さげだった。Windows Phoneろくに操作したことないので良し悪しわからないが…」
「Every Phoneがあったから触ってみたけど、もっさりしてるなーって印象」
「Every Phone、既に展示されてたから見てみたけど。う〜ん、Web上ではiPhoneを意識しているのかユニボディ的な雰囲気でてるけど、現物がプラスティッキーだった。少しがっかり」

 など、様々な感想が投稿されている。また、ネット上の反応として多かったのが、その価格に対する声で、

「ヤマダのevery phoneは割りといい線いってると思うの。マウスやフリーテルと違って5.5インチだしメモリ2GBだしやたら軽いし。でも買うかって言われたらもの凄いコスパ悪くて買う気がしない」
「ヤマダでEvery Phone触ってきたけど、割といい感じに仕上がってるなぁ。値段もう少し安ければなあ。。。」
「29,800なら物欲リストに入ったんだけどなぁ…」

 と、どうも割高に感じるネットユーザーが多いようだ。

 ちなみに、前述したFREETEL「KATANA 01」の価格は1万2800円。もちろんスペック的には「Every Phone」に比べて少々劣るのだが、これと比べれば「Every Phone」の3万9800円という価格が、割高に思えてしまうのも仕方ないかもしれない。
(小浦大生)

【関連リンク】
EveryPhone - ヤマダ電機
http://www.yamada-denki.jp/service/everyphone/

FREETEL KATANA01 - FREETEL(フリーテル)
https://www.freetel.jp/product/smartphone/katana01/

「Every Phone」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=Every+Phone

© 2016 RECRUIT HOLDINGS CO.,LTD. all rights reserved.
© 2016 Media Shakers Inc. all rights reserved.