Special
» 2015年12月21日 10時00分 UPDATE

地区最大級の品ぞろえ:FREETELの最新モデルが並び、即日MNPもOK 「Smart Labo なんば戎橋店」は3階SIMフリースマホコーナーが人気!

大阪の繁華街や観光地として知られる心斎橋〜なんば間の通称「ミナミ」エリア。その中心地に店を構えるのが、スマートフォンケース専門店「Smart Labo なんば戎橋店」だ。

[PR/ITmedia]
PR

 大阪随一の繁華街、そして観光地として知られる心斎橋〜なんば間の通称「ミナミ」エリア。その中心地に店を構えるのが、地区最大級の品ぞろえというスマートフォンケース専門店「Smart Labo なんば戎橋店」だ。

 このたび、その3階にSIMロックフリースマホと格安SIMを取り扱う「格安スマホコーナー」がオープン。一体どんなスマホが買えるのか、早速訪れてみた。

Smart Labo なんば戎橋店 「Smart Labo なんば戎橋店」。地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分、人でにぎわう戎橋商店街のなかにある3階建てのお店だ

 Smart Labo なんば戎橋店の格安スマホコーナーに並ぶSIMロックフリースマホは、MVNOのプラスワン・マーケティングが展開する「FREETEL」のハイエンドSIMロックフリースマホ「KIWAMI」や、1万円台の安さで話題になったWindows 10 Mobile搭載の「KATANA 01」などで、もちろん実際に触って試すことができる。スマホだけでなく、一緒に月々299円から契約できるFREETELの格安SIMも契約でき、番号ポータビリティ(MNP)の手続きもその場で可能だ。

Smart Labo なんば戎橋店 3階にあるのが格安スマホコーナー。FREETELなどの格安SIMやSIMフリースマホの取り扱いと契約カウンターがある
Smart Labo なんば戎橋店 SIMフリースマホを実際に手に取って触れるほか、対応ケースも数多く用意した
Smart Labo なんば戎橋店 FREETELのハイスペックモデル「KIWAMI」
Smart Labo なんば戎橋店 1万円台の安さで話題になったWindows 10 Mobile搭載の「KATANA」の姿も

 FREETELのSIMロックフリースマホと格安SIMの取り扱いは、全国でも大手量販店など一部に限られており(12月現在)、大阪のミナミ周辺で実際に手にとって契約できるのは「Smart Labo なんば戎橋店」だけ。何かと話題の格安スマホをその目で確かめられる貴重な場所といえるだろう。

FREETELのスマホ向けケースが充実!

 同店はもともとがケース専門店である強みを生かし、FREETEL製スマホで使えるケースや保護シートも数多くそろえている。SIMロックフリースマホは何かとアクセサリーの選択肢が少ないのが悩みだが、ここではさまざまなデザインのケースを数多く用意し、端末ごとにあったサイズの製品を案内する力の入れようだ。

Smart Labo なんば戎橋店Smart Labo なんば戎橋店 1階と2階はスマホケースやアクセサリー専門店舗。かわいい系から革細工などの高級ケースも取り扱う
Smart Labo なんば戎橋店 SIMフリースマホ向けのマルチケースを数多く用意。好みのデザインを選べるほど品ぞろえのいい店は少ないだけにうれしいところだ

 さらに、人気モデル「MIYABI」向けにはオリジナルケースの作成サービスも行っている。店頭に写真や画像のデータを持って行くと、約30分ほどでオリジナルのプリントケースを作ってくれる。

Smart Labo なんば戎橋店 MIYABI専用のプリントケース作成サービスも用意。持ち込んだ写真や画像をもとに30分ほどでプリントしてくれる。写真はMIYABI専用ケースと、iPhone用で作ったサンプル
Smart Labo なんば戎橋店 ハイレゾヘッドフォンなど、ケース以外の周辺機器やアクセサリーもラインアップ

専門スタッフが常駐 1人1人のカウンターで安心して契約できる

 気になる店頭スタッフだが、大手携帯電話会社ショップで勤務経験のある3人が専任で担当。専用カウンターで落ち着いた接客と柔軟なサポートを提供している。取材時も、契約したユーザーの要望に合わせてケースなどをコーディネイトする姿が見られた。

Smart Labo なんば戎橋店 携帯電話ショップと同じようなカウンターで、座ってゆっくりと契約手続きを進められる。一般的な格安スマホ取扱店が簡素なカウンターなのとは対照的だ

 格安スマホ取り扱い後の反応について3階モバイルフロア店長の平田佳也子氏は、「これまではスマホケース専門店として女性客が中心だったが、なんば周辺で勤務する男性ビジネスマンや、ネットでフリーテルの取り扱いを知った大阪周辺の地域から訪れる人が増えた」と話す。

Smart Labo なんば戎橋店 Smart Labo なんば戎橋店 3階モバイルフロア店長の平田佳也子氏

 また、格安スマホを案内すると「安さに驚かれるものの、“格安スマホはなぜ安いの?”と、逆に不安を覚える方も多い」(平田氏)とのことで、MVNOが安く通信サービスを提供できている仕組みや、大手携帯電話会社と比べての長所と短所をしっかり伝える接客を心掛けているとのことだ。

 そして、特筆すべきは購入者を対象に有料でAPN設定やGoogleアカウントの取得といった設定の代行を行なっていること。初めてでも格安スマホを安心して利用できるよう、店舗でのサポートも充実させている。

 SIMカード単体も販売しているので、デバイスがiPhone派の人は近くのApple Store心斎橋でSIMロックフリーのiPhoneを購入し、FREETELのiPhone向けSIM「FREETEL SIM for iPhone」を購入して使うこともできる。

 Smart Labo なんば戎橋店はFREETEL専門店という訳ではないが、「FREETELはスマホとSIMの両方を1社で提供しているので、サポートや店頭での案内がシンプル。お客様に安心感を持ってもらいやすい」(平田氏)のがイチオシの利用だ。

Smart Labo なんば戎橋店 SIMカードのみも販売

 このほか、店頭ではNTTコミュニケーションズの訪日外国人向けSIM「Prepaid SIM for JAPAN」も取り扱っており、こちらは関西国際空港からの観光客に反響が高いそうだ。

Smart Labo なんば戎橋店 FREETEL専門店というわけではなく、NTTコミュニケーションズの訪日外国人向けSIM「Prepaid SIM for JAPAN」のように他社のSIMもニーズに合わせて取り扱っている

 今後は格安スマホに詳しい層だけでなく、より幅広い層に、大手の携帯電話会社とは異なる魅力を訴求していきたいとのこと。特に春の入学・進学シーズンを控えた学生や、フィーチャーフォンから格安スマホに乗り換えたい、あるいはタブレットを買い足したいという層に、興味を持ってもらいたいという。

 FREETELでは現在、12月9日から1月11日までに契約すると、翌月のデータ通信が10Gバイトまで追加料金なしで利用できる「爆速体感キャンペーン」を実施中だ。さらに、「SIM+デバイス(+アクセサリー)」のセット購入割引も2016年1月7日まで同時に行っている。関西で格安スマホの案内からアクセサリー選びまで、安心して格安スマホを契約したいなら「Smart Labo なんば戎橋店」を訪れてみるといいだろう。

Smart Labo なんば戎橋店 クリスマスまでは無料のラッピングサービスも実施。スマホアクセサリーの専門店らしいサービスだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ティーガイア
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2016年1月4日