ニュース
» 2016年01月07日 15時38分 UPDATE

混雑時間帯の下り速度は「楽天モバイル」がトップ――リーディアの格安SIM通信速度調査

リーディアは、大手MVNOの通信速度実測調査を実施。10時台の平均受信速度は各社に差はみられなかったが、混雑時間帯では楽天モバイルがトップとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リーディアは、1月6日に「大手MVNO(格安SIM)における通信速度実測調査」の結果を発表した。

 調査対象はNTTドコモ、およびドコモの回線を利用したサービスを提供している「OCN モバイル ONE」「IIJmio」「BIGLOBE LTE・3G」「楽天モバイル」の4サービス。速度制限を避けるため月10Gバイト以上のプランで契約し、端末には「Xperia J1 Compact」を使用した。調査エリアはJR山手線の外回り1周(東京駅〜東京駅)、調査日時は2015年12月24日の10時4分〜11時13分(10時台)、11時57分〜13時1分(12時台)。

 10時台の平均下り速度は約15Mbpsとなり、ドコモとMVNO各社に差は見られなかった。一方、スマートフォンを利用するユーザーが多いとされる12時台では、ドコモが15.1Mbps、楽天モバイルが13.6Mbpsだったのに対し、ほか3サービスは5Mbpsを下回った。

 上り速度は各社とも大きな差はなかった。

Photo 平均下り速度
Photo 平均上り速度
Photo 測定結果 10時台
Photo 測定結果 12時台
Photo 下り速度マップ 10時台
Photo 下り速度マップ 12時台
Photo 上り速度マップ 10時台
Photo 上り速度マップ 12時台

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.