Special
» 2016年01月29日 18時00分 UPDATE

ガジェット男子、家を買う――僕が「じぶん銀行」で住宅ローンを決めた理由 (1/2)

ガジェットが生きがいだった僕が「じぶん銀行」で貯金を始めてから、はや2年。目標としていた300万円がたまったので、結婚してマイホームを買うことに! 住宅ローンをどうするかで悩んでいるのだけど、どうやらじぶん銀行がスゴイらしい。

[PR/ITmedia]
PR

 僕が「じぶん銀行」を使い始めてから、早いもので2年がたとうとしている。

 じぶん銀行は、スマートフォンで利用できるインターネット銀行。ガジェットばかり購入していてお金をためる意志の弱かった自分が“貯金用”にじぶん銀行の口座を開設して、まずは「300万円」の貯金を目標にしていた。そして結婚、マイホームと夢を膨らませていたのだけど……。パンパカパーン、2年間で300万円を貯金できて、しかも結婚することになりました!

 給料やボーナスの一定額をじぶん銀行に貯金することで、気付いたら300万円がたまっていた。付き合っていた彼女も、僕が堅実に貯金をしていたことを知って、プロポーズをOKしてくれたんだ。ガジェットを買うだけだった僕の人生が、お金もためられて、人生の伴侶も得るという神展開。今の自分があるのは、まさにじぶん銀行のおかげというわけ。

 どうしてここまで貯金できたかの秘密を知りたい人は、コチラの記事を参考にしてほしい。

じぶん銀行 ガジェット男子からマイホーム男子に生まれ変わった僕。手にしているのは、タブレットじゃなくてぞうきんです

2週間以内にローン申込の手続きをしたい! でもどうすれば?

 もう1つ新しい展開が。結婚をするにあたって、長年の夢だったマイホームを購入することにした。何件かショールームでマンションの下見をして、購入したい物件は決まったのだけど、最後に決めなければならないのが、住宅ローンをどの銀行に申し込むか。不動産から大手の銀行を中心にいろいろと案内されたんだけど、本当にこれでいいのかな……? と迷い始めてしまって。

 そうこうしているうちに、もうすぐ月末に。実は、今月中に申込が完了すると、頭金が100万円割り引かれるキャンペーンをやっているんだけど、来月まで手続きがずれ込むと、キャンペーンの対象外になってしまう……。100万円も損をするとなると、お金に厳しい奥さんからは大目玉を食らうだろうし、こりゃ早く申し込まないと! なんだけど、今月はあと2週間ほどしか残っていない! ローンの審査って、大体3週間、長いと1カ月くらいかかると聞いているので、もう間に合わない? ガーン。

じぶん銀行なら「最短10日」「スマホだけ」で申し込める

 そんな時にふと思い出したのが、この前ネットで見た「じぶん銀行が、ネットで完結する住宅ローンを開始した」というニュース。よくよく見ると、これってすごいことだよなぁ。ローンの審査って、通常は書類を記入して郵送するものだから……。必要な書類は、じぶん銀行のWebサイトから画像をアップロードすればよし。画像はスマホのカメラで撮ったものでOKだから、本当にスマホ1台で済むわけ。仮審査も、本審査も、契約もぜーんぶネットで完結するだなんて、まさにインターネット銀行のなせる業だと思う。

じぶん銀行 最短10日、スマホだけでローンの申込ができる

 肝心の審査期間は……何と最短で10日! これなら月末までのキャンペーンに間に合いそうだ。僕のように、事情があって早めに契約をしたい人には、このスピーディな手続きはうれしい。スマートフォンでいつでもどこでも手続きができるから、仕事で忙しい人も安心だ。10日で済むのなら、物件選びに余裕ができ、僕のようにタイムリミットがある場合でも、浮いた時間で他の物件を見に行くこともできる。ギリギリまで悩みたい人にもありがたい。

 契約書類を必要としないから、収入印紙代も不要。細かいけれど、これもちょっとしたメリットなんだな。

0.5%台の低金利と、無料の自動入金サービスも魅力

 これで金利が高かったらガッカリなんだけど、じぶん銀行は変動金利で年0.568%(2016年2月現在)と、なかなかの低さ。2016年3月31日までに借り入れすると、固定2年と3年はキャンペーンの特別金利になり、固定2年が年0.50%、固定3年が年0.55%となってお得だ。ここまで低金利なら、奥さんも納得してくれるだろう。

じぶん銀行 ローンの金利は変動で年0.568%、固定2年で年0.5%

 気になるのが毎月の返済額なんだけど、Webサイトのシミュレーターを使うと、簡単に調べられる。借入金額と期間、ボーナスの割合、金利などを入力すればOK。他に、現在の年収や、毎月の返済額から借り入れ可能額を調べることもできる。もちろん、計算された数値は参考値だけど、しっかりと見通しを付けたうえで申し込む方が安心できるはずだ。

じぶん銀行じぶん銀行 シミュレーターから、毎月の返済額や借入可能額を調べられる

 さて、僕はメインバンクは三菱東京UFJ銀行なので、毎月一定額をじぶん銀行に振り込んでいるんだけど、手動で毎月振り込むのはさすがに面倒。じぶん銀行をメインバンクにするのが難しい人は、「定額自動入金サービス」がオススメだ。これは、他行の口座から毎月1万円以上の一定額を、じぶん銀行の口座に自動入金してくれるという便利なサービス。しかも手数料は無料! 住宅ローンで毎月支払う金額を指定しておけば、口座にある返済額が足りなくてあわわわ……なんて事態も防げる。

じぶん銀行 他行から1万円以上を定期的にじぶん銀行へ振り込める

 実は僕が2年間で300万円も貯金できたのは、この定額自動入金サービスを使ったから。やっぱり、毎月一定額を振り込むのは面倒だからね……。そんな僕のような人にこそ、このサービスを使ってほしい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社じぶん銀行
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2016年2月21日