ニュース
» 2016年02月15日 10時32分 UPDATE

Android版「マイマップ」にストリートビュー機能追加、「Googleマップ」も更新

Android版「マイマップ」と「Googleマップ」がアップデートされた。マイマップではポイントのストリートビューが表示できるようになり、Googleマップでは経路画面で目的地が遠いと徒歩アイコンがハイキングモードになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Android版「マイマップ」が2月11日にアップデートされ、ポイントのストリートビューが表示できるようになった。

 マイマップは、Googleマップ上の目的地を「ポイント」として記録することで、オリジナルのマップを作成できるアプリ。自宅から目的地までのルートや、その近くの観光スポットを記録しておいて、旅行の計画を立ててナビにもするといった使い方ができる。

 今回のアップデートで、マイマップ上のポイントをタップすると表示される画面をスクロールすると、ストリートビューを選択できるようになった。これをタップすることでGoogleマップのストリートビューが直接開く。

 maps 1 ポイントをタップして表示される画面からストリートビューを直接開けるようになった

 また、Android版「Googleマップ」が13日にアップデートされた。こちらの新機能としては、ナビ画面に道路名と次の曲がり角がフキダシで表示されるようになり、経路画面で目的地までの距離が遠い場合、人型アイコンが徒歩スタイルからハイカースタイルに変わるようになった。

 本稿筆者が確認した範囲では、「遠い場合」というのは徒歩で5時間より長くかかる場合を指すようだ。

 maps 2 Googleマップの経路画面で、目的地までの徒歩での所要時間が5時間より長いと徒歩アイコンがハイカーになる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.