Special
» 2016年03月02日 10時00分 UPDATE

「安い」だけじゃなくて「楽しい」!――格安スマホ「mineo」が他と違うワケ

スマートフォン初心者が格安スマホに乗り換えるのは、なかなかハードルが高い。そんな中で注目したいのが「mineo」。他の事業者ではやっていないコミュニティーサイト「マイネ王」を運営しており、安さだけではなく“楽しさ”も味わえる。

[PR/ITmedia]
PR

 ここ最近、スマホを毎月1000円台の基本料金で利用できる格安スマホが注目を集めている。だが、格安スマホを提供する事業者の多くは、安さのかわりに契約後のサポートはメールなどが中心で、格安スマホ初心者にとっては利用や問い合わせのハードルが高くなっているものが多い。

 そこで注目なのが、関西電力グループのケイ・オプティコムによる格安スマホ「mineo」だ。mineoではユーザー向けのコミュニティーサイト「マイネ王」を用意することで、mineoのユーザー同士やmineoスタッフと、スマホの何気ない疑問から使い方、サービス改善の要望まで、楽しく気軽に情報を交換できる環境を整えている。他社の格安スマホだと、同じ格安スマホを使っている知り合いを見つけること自体が難しいだけに、スマホ初心者だけでなく上級者にとっても心強いコミュニティーを運営しているmineoは、今後の動きから目が離せない格安スマホサービスだ。

mineo 「mineo」は通話と通信込みで月額1310円から使える格安スマホ。ドコモとauのネットワークに対応しており、どちらのユーザーも移行しやすいのが魅力だ
mineo mineoの公式コミュニティーサイト「マイネ王」では、格安スマホに関する素朴な疑問から、新サービスの紹介まで数多くの投稿でにぎわっている

通信業界の常識を破る「フリータンク」

 さらに、mineoには「スマホのパケットを日本中のmineoユーザーとシェアできれば、より安くて無駄なく使えるのでは?」というユーザーの夢をかなえるサービスがある。それが「フリータンク」だ。

 フリータンクは、、ユーザーがこれまで余ったパケットを捨てるだけであったところ、捨てるぐらいならユーザーみんなで“タンク”に入れて、月末にパケットが足りなくなったユーザーが1人最大1000MBまで引き出せるという、ユーザーの善意で成り立っているサービスだ。

 mineoはこれまで、“無駄なし”のコンセプトの下、家族間でパケットを分け合える「パケットシェア」や、家族だけでなく友人にもパケットをプレゼントできる「パケットギフト」といったサービスを提供してきたが、「周りにパケットを分け合えるユーザーが少ない」といったユーザーの声もあり、ユーザー同士の仲間意識を醸成することも進めていきたいと考えていた。

 そんな中、ユーザー間で行き交うパケットは総容量では変わらない、みんなのパケットは1つの大きなタンクのようなもの、パケットが行き交う分だけ、より楽しく、よいアイデアにあふれていくのではないかという思いが、フリータンクの開発へとつながった。

mineo フリータンクは、mineoユーザーが余ったパケットをタンクに入れておき、月末にパケットが足りなくなったユーザーが最大1000MBまで引き出して使える、ユーザー間の善意で成り立っているサービスだ

かなりの盛り上がりを見せているコミュニティー「マイネ王」

 mineoでは、ユーザー同士やスタッフが、マイネ王を通じて助け合うとともに、さまざまな意見交換を通じて、“一緒に、便利で、楽しくて、面白い”サービスを創っている。ではこのマイネ王、一体どんな場所なのか? フリータンクの話題やmineoスタッフのオススメ投稿を中心に見てみよう。

 マイネ王では毎日、サービス開発の裏話や運営の実態などが公開されたり、スマホ利用のお困りごとに先輩ユーザーが回答したり、ユーザー同士が時事ネタで交流したりと、月に5万件を超えるコメントや記事が投稿されている。加えて、マイネ王の運営スタッフによる技術解説のほか、アンケートや質問コーナーなどユーザー参加型企画なども投稿されている。

mineo マイネ王の運営スタッフを中心に情報を提供する「王国通信」では、他の格安スマホ事業者なら公表しないネットワーク増強などの運営実態や、細かなサービス改善のタイムリーな情報が公開されている
mineo 初心者からマニアックなことまで、さまざまなお困りごとの質問と回答がやりとりされている「王国教室」
mineo モバイルについてユーザー同士で熱く語り合われている「王国広場」

 また、ユーザーにとってはフリータンクのパケットの増減も気になるところで、毎日のパケットの増減を分析する投稿も人気となっている。2016年1月を例に挙げると、フリータンクに約5900GBものパケットが入れられ、月末に約3700GB分が引き出されている。

mineo フリータンクの推移についてのユーザーによる分析も、マイネ王の人気投稿の1つとなっている
mineo マイネ王のサイトからフリータンクを利用できる(※メンバー登録をしてマイネ王へのログインが必要)

 mineoではこれ以外にも、新しい企画や広告について、マイネ王の声も参考にしながら検討しているとのことだ。あなたの一声がmineoをさらに改善する可能性があるので、サービスに思うことがあれば、ぜひ気軽に投稿してほしい。

mineoのiPhoneの新OS対応をみんなでチェック

 mineoによると、マイネ王で一番反響が多かった記事は、iPhoneの動作確認についての投稿だという。iPhoneやiPadはiOSの大幅な更新があると、格安スマホを利用するための設定方法が変わることがある。このため、iPhoneを格安スマホのSIMで使っている人には、新しいiOSの配信直後に一刻でも早く正確な情報を知りたいという需要がある。

 そこで、mineoでは新しいiOSが配布された深夜2時から、マイネ王で動作確認をリアルタイムで更新。さらに、mineoのユーザーも手持ちのiPhoneやiPadで動作確認を報告することで、iPhoneやiPadをmineoで利用している人はいち早く動作確認の情報を入手できたのだ。

mineo 多くのユーザーが気になる、iPhoneやiPad向け新OSでの動作確認をリアルタイムで更新。mineoユーザーの動作報告が集まったこともあり、気になるユーザーはすぐにmineoでの利用を開始できた

 このように、mineoなら周りに格安スマホに詳しい人がいなくても、マイネ王を使えば同じmineoユーザーと情報を交換できるのでトラブルを解決しやすい。さらに、mineoは紹介による新規契約のキャンペーンも実施しているので、周りで格安スマホに興味がある人を誘いやすいのもうれしいところだ。

安さに加えて“楽しさ”も魅力の格安スマホ

 mineoは1月に、マイネ王を通じてmineoとユーザーが一緒に楽しくて面白いサービスを創る「Fun with Fans!」というブランドステートメントを新しく掲げている。新しいコトや面白いコトに共感し合える仲間を巻き込みながら、もっと新しいサービスを、面白いコミュニティーを、ワクワクする未来を、次々に創っていきたいというコンセプトだ。

 実際に新しいサービスの開発や改善について意見交換をすることで、よりよいサービスにしていくことに参画できるという体験自体を、ユーザーに楽しんでもらいたいという思いが強く現れている。格安スマホを提供する事業者は数あっても、ここまでユーザー間や企業との壁がないサービスはほかにはない。今後も、マイネ王のコミュニティーをさまざまなアイデアが出る場所として盛り上げ、より便利で楽しいサービスを提供したいとのことだ。

mineo マイネ王では定期的に、mineoスタッフとユーザーが実際に合って意見交換するオフ会を開催している。内容は報道関係者には聞かせられない、かなりぶっちゃけたものだとか

 また、mineoを提供しているのは関西電力グループのケイ・オプティコムということもあり、マイネ王のコミュニティーも関西らしい笑いに寛容なユルい雰囲気であることも魅力だ。

 こちらの動画は、マイネ王1周年記念テーマソング「こんど行く時は飛んでいく」。マイネ王1周年記念テーマソングの歌詞を募集したら、とんでもないことに。こういったユルい企画を本気でやってしまうのもマイネ王の魅力だ。

 格安スマホは安さだけで選んでしまいがちだが、実際に使うとなると契約後のサポートや情報提供のオープンさも重要だ。安さだけでなく、契約後に長く使うことを考えれば、「楽しさ」がキーワードのmineoを検討してみるもいいのではないだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ケイ・オプティコム
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2016年3月17日