連載
» 2016年03月10日 06時00分 UPDATE

TEDで知る世界:インターネット、次の5000日はどうなる?

[ITmedia]

 雑誌「WIRED」の創刊編集長として知られるケビン・ケリー。彼は2007年のEGカンファレンスにおいて、面白い考えを示しました。当時はインターネット誕生から5000日、次の5000日はどうなるのかを問いかけたのです。

TEDで知る世界

 ケリーは、次に起こることとして3点を挙げました。第一に、マシンが行っているのは具現化であるということ。私たちはマシンに身体を与えている。第二に、このマシンのアーキテクチャを再構成していくということ。第三に、私たちはこのマシンと完全に共存の関係になっていくということ。

 講演が行われたのは、1991年のWebの誕生から5000日が過ぎた2007年。現在はさらにそこから約3000日が経過したことになります。世界はケリーの予想した通りに進んでいるのでしょうか? 残りの2000日が経過したときに、もう一度見直してみたい動画です。

TEDで知る世界

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう