トップ10
» 2016年03月14日 17時58分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:2画面スマホ「MUSASHI」を発表したFREETEL、一部ユーザーが原因で速度低下 法的措置も

折りたたみ式2画面スマホ「MUSASHI」が話題のFREETEL。一部ユーザーが原因で通信速度が低下したことから、法的措置も辞さない姿勢です。

[平賀洋一,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、3月7日から3月13日までに読まれた記事のアクセスランキングを集計しました。先週は、MVNOの「FREETEL」を運営するプラスワン・マーケティングが、折りたたみ式の2画面スマートフォン「MUSASHI(武蔵)」を発表し、その話題がトップとなりました。

折りたたみ式の2画面スマートフォン「MUSASHI(武蔵)」 折りたたみ式の2画面スマートフォン「MUSASHI(武蔵)」

 FREETELはMUSASHIと同時に、LINEなどメッセージ系アプリの通信料を無料にするほか、月額399円で1分間の通話かけ放題サービス、初期費用なしでスマホを使い始められるプランなども発表。ランキングにも関連する記事が入っています。

 そのプラスワン・マーケティングは、2月下旬から3月上旬の10日間、ごく一部のユーザーによって一部サイトからのダウンロード速度が遅くなっていることを公表しました。当該ユーザーには警告および利用の停止、さらには法的措置も辞さないとしています。

プラスワン・マーケティングの発表 一部のユーザーによって、速度が低下したというプラスワン・マーケティングの発表

 使った分だけ6段階で課金するプランや、App Storeやメッセージアプリの通信量をカウントしないサービスなどで人気のFREETEL。ユーザーの増加と、より多く大容量のデータ通信を求めるニーズにどのように対応するのか、今後も注目です。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.