ニュース
» 2016年03月29日 06時00分 UPDATE

SIM通:忍者のようにすばやい!? 「BIGLOBE NINJA SIM」

「BIGLOBE NINJA SIM」は、外国人旅行者向けですが、「MVNOへの乗り換えを一度試してみたい」という国内ユーザーにも需要があるそうです。そこで、SIMの初期設定から実際に使用するところまで試してみました。

[SIM通]
SIM通

 格安スマホを展開するビッグローブ株式会社では、プリペイド型のデータ通信専用SIMカード「BIGLOBE NINJA SIM」を取り扱っています。

BIGLOBE NINJA SIM

 「BIGLOBE NINJA SIM」は、日本に訪れた外国人旅行者などが、自分の端末にSIMカードを差し替えて利用することを想定しています。NTTドコモのLTE/3Gネットワークを利用し、価格は1GBで2,700円からと国際ローミングよりも安価にモバイルインターネットが利用できます。最近では、大手キャリアからMVNOへの乗り換えを一度試してみたい、という国内ユーザーの需要もあるそうです。

 今回は、SIMの初期設定から実際に使用するところまで試してみました。パッケージにはその名の通り「忍者」がデザインされています。目にも留まらぬ速さで陰ながら旅行者を助けるという、高速インターネットサービスのイメージにぴったり。容量ごとに上忍(7GB)、中忍(3GB)、下忍(1GB)とランク分けされており、旅行者の間では動画を撮影しながら移動する機会も多いことから、大容量タイプを選ぶことが多いそうです。

下忍(1GB)でお試し

 ここは当然上忍をチョイス、のはずが、何かの手違いで上忍のパッケージは中身がもぬけの殻。計ったなおぬし!・・・というわけで、あえなく下忍を選ぶことに。

「BIGLOBE NINJA SIM」はドコモとまったく同じデザイン

 これが「BIGLOBE NINJA SIM」のSIMカードおよび本体。ドコモとまったく同じデザインなので、ドコモ端末からの乗り換えでは元々入っているSIMと間違えないように注意しましょう。

nanoSIMをiPhone 6sに挿入

 今回はiPhone 6sを使用したので、nanoSIMを差し替えます。

SIMを差し替えただけの画面の様子

 こちらがSIMを差し替えただけの様子。画面には「docomo LTE」と表示され、一応電波をひろっているように見えます。

「docomo LTE」と表示されるが実際にはネットワーク接続されていない

 実際にはネットワーク接続されていないので、モバイル通信を使うためにはAPNの設定が必要になります。iPhoneの場合、このAPNは手動設定できないので、自宅のWiFiや公共無線LANなどのネットワーク環境がある所で初期設定を行う必要があります。

他キャリアのiPhoneから乗り換える場合などはすでにインストールされているAPN設定プロファイルを削除

 また、ドコモなど他キャリアのiPhoneから乗り換える場合などには、あらかじめ「設定」→「一般」→「プロファイル」をタップし、すでにインストールされているAPN設定プロファイル(spmode.ne.jpなど)を削除しましょう。

APN設定プロファイルを提供しているサイトにアクセスしてインストールする

 APNの設定方法ですが、まずhttp://0962.jp/ninjaconにアクセスします。すると上の写真のように「biglobe LTE・3G」APN設定プロファイル画面(バージョンは異なる場合があります)が表示されるので、インストールを行います。

 以上、iPhoneで手動設定できない場合の設定方法になりますが、Androidスマホでは、手動でAPN設定を行うことができます。この場合は特にWiFiなどに接続しておく必要はありません。

Androidでは「設定」画面からAPNを設定できる

 Androidでは、最初にメニューの「設定」画面から「無線とネットワーク」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択します。

アクセスポイントの編集画面を開き各項目を設定する

 続いて、APNの追加(もしくは画面上の+)からアクセスポイントの編集画面を開き、APN:「biglobe.jp」、ユーザー名:「user」、パスワード:「0000」と入力し、認証タイプに「CHAPまたはPAP」を選択します。その他の項目は記入不要ですが、わかりやすい名前(この場合は「biglobe」)を入力しておくといいでしょう。

設定が完了するとAPNが追加される

 以上でAndroidでの手動設定は完了です。元々あるキャリアのAPNと並んで、今回設定したAPNが表示されているので、こちらを選択します。

サイトにアクセスしてSIM番号と製造番号を入力

 続いて、http://0962.jp/ninja/にアクセスし、SIMの利用開始手続きを行います。まず本体部分を切り離した後のSIMカード裏面に記載されている、SIM番号と製造番号を入力します。

ユーザー情報を入力

 引き続き、氏名と生年月日、住所、メールアドレスなどのユーザー情報を入力します。

利用開始手続き完了

 これで「BIGLOBE NINJA SIM」の利用開始手続きは完了です。利用期間は登録開始から30日間有効です。画面の「マイページへ」から使用データ量の確認やデータの追加手続きなどが行えます。データの追加は1GB 2,000円からとなっています。

登録したメールアドレスに利用開始の案内メールが届く

 登録したメールアドレスに利用開始の案内メールが届きます。不明点があればメールに記載のあるBIGLOBE通訳センターにて、日本語のほか、英語、中国語、韓国語でサポートが受けられます。

インターネットに接続できたか確認

 これで無事、インターネットに接続できました。

RBB SPEED TESTアプリを用いて通信速度を測定

 今回設定した「BIGLOBE NINJA SIM」を用いて、実際にどのくらいの速度が出るのか、RBB SPEED TESTアプリを用いて測定してみました。東京都港区のオフィス前で金曜日の午後4時頃に5回測定したところ、平均して下りで45Mbps、上りで8Mbps程度と、なかなかの好成績になりました。

折り紙が付属

 おまけですが、付属の折り紙を使って、忍者ならではのアイテム「手裏剣」を折ってみました。作り方のマニュアルは英語ですが、折り方の絵を見ながら簡単に作ることができるので、ぜひ遊んでみてくださいね。忍忍!

「ONE PIECE」デザインのプリペイドSIMも販売

 また、ビッグローブでは、今回の「BIGLOBE NINJA SIM」とは別に、人気コミック・アニメ「ONE PIECE」をデザインしたプリペイドSIMも販売しています。こちらは折り紙ではなく登場するキャラクターのカードが同封されているので、好みによって選べる楽しさもあります。

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう