ニュース
» 2016年04月19日 16時00分 UPDATE

キーノートは日本時間6月14日午前2時:iOS 10が出る? Apple「WWDC 2016」は米国時間6月13日から

Siriがフライングで発表していたApple年次開発者会議「WWDC 2016」の日程が正式に発表された。基調講演のライブ中継は日本時間6月14日午前2時から。

[ITmedia]

 米Appleは4月18日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2016」を6月13日〜17日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催すると発表した。

 基調講演を含む初日のキックオフイベントはビル・グラハム・シビックオーディトリウムで開催し、その他のカンファレンスセッションは例年通りモスコーニセンターで行う。基調講演はWWDCの公式サイトで6月13日午前10時(日本時間で6月14日午前2時)からライブストリーミングを視聴できる。

WWDC 2016 WWDCの公式サイトには、例年のようなグラフィカルなイメージではなく、プログラミングをイメージさせるカラフルな文字列が並ぶ。この中に発表内容のヒントが隠されているかもしれない

 WWDC(World Wide Developers Conference:世界開発者会議)は、Appleが毎年開催している開発者向けイベント。2016年で27回目を迎える同イベントには、Appleのデベロッパーコミュニティーが世界中から集まる。

 今回は、1000人以上のAppleエンジニアによる150以上のハンズオンラボおよびイベント、4つのソフトウェアプラットフォームであるiOS、OS X、watchOS、tvOSの次期バージョンや最新機能、開発方法の紹介、参加者同士の交流機会、優れたアプリを表彰するApple Design Awardsなどを予定している。

 デベロッパーは4月18日から4月22日午前10時(日本時間で4月23日午前2時)まで、WWDCの公式サイトからチケットを申し込める。前回同様、チケットは抽選となっており、4月25日午後5時(日本時間で4月26日午前9時)までに当選者に通知される。チケットの価格は1599米ドル。

参加申し込み 公式サイトでは参加申し込みを受付中だ。チケットは1599米ドル、参加者は抽選となる
Bill Graham Civic Auditorium 基調講演が行われるビル・グラハム・シビックオーディトリウム。2015年9月に「iPhone 6s」や「iPad Pro」が発表された会場だ
Moscone West カンファレンスセッションが行われるおなじみのモスコーニセンター
Siri 実はAppleの正式発表前からSiriに「世界開発者会議はいつですか」などと尋ねると、「世界開発者会議(WWDC)は6月13日から6月17日までサンフランシスコで開催されます。今からワクワクしています!」とフライングで答えていた

関連キーワード

Apple | WWDC | 開発者 | Siri


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう