ニュース
» 2016年04月28日 19時34分 UPDATE

MVNO事業に参入の新会社:アドベント、「VAIO S11」オリジナルモデルやWi-FiルーターをSIMとセットで販売

アドベントがMVNO事業に参入し、SIMカードと端末をセットにしたサービスを提供する。セット端末は、「VAIO S11 LTEオリジナルモデル」とモバイルWi-Fiルーター「AirCard AC785」。月額1000円で1GBから利用できるプランを用意する。

[田中聡,ITmedia]

 アドベントがMVNO事業に参入し、ドコモのネットワークに対応したSIMカードと端末をセットにしたサービスを提供する。

 セット端末は、VAIO製のノートPC「VAIO S11 LTEオリジナルモデル」と、NETGEAR製のモバイルWi-Fiルーター「AirCard AC785」の2機種で、5月1日に予約を開始する。SIMカード単体の販売は行っておらず、扱っているSIMはデータ通信対応SIMのみ。

 料金プランは1GB(月3400円)、3GB(月4100円)、5GB(月4500円)、7GB(月5100円)、10GB(月5700円)のプランを用意しており、いずれのプランも端末のセット購入で毎月2400円が割り引かれる。※記事中の料金はいずれも税込。

料金プラン
プラン 月額料金(税込) 割引適用後の料金(税込)
1GBプラン 3400円 1000円
3GBプラン 4100円 1700円
5GBプラン 4500円 2100円
7GBプラン 5100円 2700円
10GBプラン 5700円 3300円

 VAIO S11はアドベント用のオリジナルモデルとなっており、VAIOが販売するモデルとはCPUが異なる。VAIOモデルのCPUはCore i3-6100U(2.3GHz)、Core i5-6200U(2.3GHz/最大2.8GHz)、Core i7-6500U(2.5GHz/最大3.1GHz)の3種類あるが、アドベントモデルのCPUはCeleron Dual-Core 3955Uとなっている。OSはWindows 10 Home 64bit、ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)表示対応の11.6型、メモリは4GB、ストレージは128GB。

アドベント 「VAIO S11 LTEオリジナルモデル」

 VAIOが販売するS11とセットで購入できる「VAIOオリジナルSIM」は、1年間で1万2744円〜(税込)の料金体系となっているが、アドベントのSIMなら月額の料金でS11を運用できる。端末価格は月3890円の36回払い(計14万40円)で、端末代の一括払いはできない。

※初出時にVAIO S11の価格に誤りがありました。おわびして訂正いたします(5/2 12:10)。

 AirCard AC785は、LTEと3Gに対応したモバイルWi-Fiルーター。連続通信時間が10時間、連続待機時間が300時間という長時間のバッテリー駆動も特徴としている。15台までのWi-Fi対応機器と接続できる。端末価格は額720円の36回払い(計2万5920円)で、一括払いはできない。

アドベント 「AirCard AC785」

 SIMと端末の販売は電話でのみ行う予定で、アドベントのWebサイトに登録をしたユーザーに案内が行く流れとなる。

 アドベントは、ネット接続サービスやモバイルデバイスなど販売する会社。2015年12月21日に設立され、ソニー 代表取締役社長やソニー生命保険会長、名誉会長などを歴任した安藤国威氏と、ソニースタイルドットコム 代表取締役社長やソニーマーケティング プレジデントなどを歴任した佐藤一雅氏が代表取締役を務める。

アドベント アドベントのWebサイト

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう