連載
» 2016年05月02日 06時00分 UPDATE

格安SIMでキャリアサービスは使えるの?

[ITmedia]

 格安SIMでは、キャリアが提供しているサービスは基本的に利用できません。なかでも影響が大きいのはキャリアメールです。「〜@docomo.ne.jp」「〜@ezweb.ne.jp」「〜@softbank.ne.jp」など、“ケータイメール”と呼ばれるメールは格安SIMでは利用できません。

 また、家族で同じキャリアに契約した場合に適用される家族割引、家族間での国内通話無料、学生割引など、大手キャリアには家族や学生に特化したサービスが用意されていますが、格安SIMでは、こうしたサービスも利用できなくなると考えましょう。

 さらに、飲食店やレジャーなどのクーポンや優待が受けられる「au スマートパス」や、ソフトバンクの「とく放題」などのサービスは、大手キャリア独自のもの。こうしたサービスも格安SIMに乗り換えると当然、利用できなくなってしまいます。

 そんな中、自社ユーザー以外にもサービスを拡充するキャリアの動きもあります。例えば、ドコモの独自ID「dアカウント」は、ドコモに契約していなくても無料で発行できます。このアカウントを使って、サービスごとに月額料金を支払えば、「dマガジン」や「dTV」などのドコモが提供するサービスを利用できます。

「dアカウント」はドコモ以外のユーザーでも取得できる

 各キャリアが提供する無料の公衆無線LANサービスも同様で、使用できるのは回線契約をしているユーザー限定。格安SIMでは利用できません。

 ただし、ワイヤレスゲートやBIGLOBEなど、追加料金なしで提携している公衆無線LANが利用できるMVNOも多数あります。アクセスポイントの数も多く、駅や空港、スーパーやコンビニといったあらゆる場所で利用できます。キャリアの公衆無線LANサービスは、こうしたWi-Fiサービスを提供するMVNOを選ぶことで十分補完できるでしょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホの全てが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう