レビュー
» 2016年05月09日 15時50分 UPDATE

ビジネスシーンでも使える――天然牛革の耐衝撃iPhoneケース「LEVEL Case Prestige Edition」

ビジネスシーンにも合うデザインと、耐衝撃性能を両立したiPhoneケースが欲しい。そんな人におススメなのが、KODAWARIから発売されている「LEVEL Case Prestige Edition」だ。全面にあしらった天然牛革と、米国軍事規格を取得した耐衝撃性能を特徴としている。

[島徹,ITmedia]

 ビジネスシーンにも合うデザインと、耐衝撃性能を両立したiPhoneケースが欲しい。そんな人におススメなのが、KODAWARIから発売されている「LEVEL Case Prestige Edition」だ。

 ケースはiPhone 6/6s用と、iPhone 6 Plus/6s Plus用の2種類を用意。SHOWCASE Onlineでの価格は両方とも5200円(税別)、ガラスフィルムが付属するバンドルパックは6500円(税別)。カラーはいずれも6色展開だ。

LEVEL Case Prestige Edition
LEVEL Case Prestige Edition 「LEVEL Case Prestige Edition」は、iPhone 6/6s用と、iPhone 6 Plus/6s Plus用の2種類を用意。天然牛革の手触りが心地よい

 特徴は、全面にあしらった天然牛革と、米国軍事規格を取得した耐衝撃性能だ。高い質感とレザーと落ち着いたデザイン、レザーの香りがするケースはスーツ姿にもフィットする。耐衝撃ケースは派手なデザインのものが多いなか、ビジネスシーンでも違和感のないケースとなっている。

 横幅は実測で、iPhone 6/6s用が73ミリ(iPhone 6s本体は67.1ミリ)、iPhone 6 Plus/6s Plus用が84ミリ(iPhone 6s Plus本体は77.9ミリ)だ。耐衝撃ケースとしては両方ともスリムだ。側面は曲面のうえに天然牛革でかなり握りやすい。

LEVEL Case Prestige EditionLEVEL Case Prestige Edition 側面も天然牛革でカバー。手触りが良く、曲面形状で手にぴったりフィットする
LEVEL Case Prestige EditionLEVEL Case Prestige Edition 大画面のiPhone 6 Plus/6s Plus用。大型で落とさないか気になるだけに、牛革のグリップ力がうれしい

 カラーにもこだわりがあり、定番のBlackとやや青みがかったNavy、爽やかなBlue、秋口などの落ち着いたコーディネートに合うTaupe、彩度を落とした高級感のあるRed、花のように優美なPinkの6色だ。いずれのカラーも個性的かつ、天然牛革の高級感に合った深みのある色合いだ。フレーム部分の配色も牛革のカラーに合わせた輝きを見せる。

LEVEL Case Prestige Edition カラーは右上からBlack、Navy、Blue、Pink、Red、Taupeの6色

 肝心の耐衝撃性能だが、外側に硬質なポリカーボネート、内側には弾力のあるTPU素材の二重構造を採用したことで、落としてもiPhone本体を衝撃からしっかり守ってくれる。

LEVEL Case Prestige Edition 装着時は先にTPU素材のインナーケースを取り付けた後、外側のケースを取り付ける

 画面周りのバンパー部は、iPhoneの画面を守るために画面よりも1ミリ高く設計されている。もし画面側から落としても、先にバンパー部が地面に当たることで、画面が地面に接触することを防いでくれる。高さは1ミリと余裕があるので、0.3ミリなど厚みのあるガラス製保護フィルムを装着した状態でも安心して使いやすい。

 端子の周りにスペースに余裕があり、大半のヘッドフォンやLightning端子の周辺機器を接続しやすい。ストラップホールが用意されているのもありがたい。

LEVEL Case Prestige Edition 厚さ1ミリのバンパーがiPhoneの画面を保護している。0.3ミリなど分厚いガラス製保護フィルムを装着していても安心だ
LEVEL Case Prestige Edition 接続端子の周りをやや広く開けている。さまざまな周辺機器を接続しやすい

 iPhoneを購入したので、取りあえずビジネスシーンで使いやすく頑丈でシンプルなケースが欲しい――という人にオススメの製品だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう