ニュース
» 2016年05月13日 22時37分 UPDATE

腕時計と一緒に着けられる活動量計 MISFIT「RAY」国内発売

MISFITから登場した、細身で軽量な活動量計「RAY」の販売が日本でも始まります。邪魔にならないシンプルなデザインで、スマートウォッチやアクセサリーなどとも一緒に腕に着けられます。発表会では製品開発の裏側なども明かされました。

[園部修,ITmedia]

 新たにFossil GroupのブランドとなったMISFITに、円筒形の本体を採用した新しい活動量計「RAY」が加わりました。従来の「SHINE」や「FLASH」「SHINE 2」は円盤型の本体を採用していて、バンドに付けると腕時計のような形状でしたが、RAYは細長いのでブレスレットのように腕に着けられるのが特徴です。

MISFIT RAY ローズゴールドとカーボンブラックの2色展開。こちらはスポーツバンドモデル
MISFIT RAY レザーバンドモデルのカーボンブラックとローズゴールド。ローズゴールドのレザーバンドはグレー

 ボディカラーはカーボンブラックとローズゴールドの2色。これにスポーツバンドかレザーバンドを組み合わせた4モデルが用意されます。希望小売価格はカーボンブラック/ブラックスポーツバンドモデルとローズゴールド/ブラックスポーツバンドモデルが1万2800円(税別)、カーボンブラック/ブラックレザーバンドモデルとローズゴールド/グレーレザーバンドモデルが1万5800円(税別)です。発売は5月27日。13日から先行予約を受け付けています。

MISFIT RAY スポーツバンドモデルは1万2800円
MISFIT RAY レザーバンドモデルは1万5800円。レザーバンドは防水ではないので要注意

 前述のとおり、細いアルミニウム製の本体は他の機器やアクセサリーと併用しやすく、ブレスレットやスマートウォッチなどと一緒に着けても違和感がありません。バンドは汎用的な8mm幅の時計用バンドが付けられるため、純正オプション以外のバンドに付け変えて楽しむこともできます。SHINEなどと同じように、足首に付けたり、首から下げたりもできます。

 元Misfit WearablesのCEOで、現在Fossil GroupでConnected Devices部門の President兼CTOを務めるサニー・ヴー氏は、「もともとMisfitは、ウェアラブルのテクノロジーを感じさせないウェアラブルデバイスを作ることをビジョンに創業しました。デザインやファッションを愛するシリコンバレーの企業だったのです。そしてFossil Groupは、ITとテクノロジーを愛するファッションとデザインの企業でした。我々は一目で恋に落ち、Fossilの多くの素晴らしいブランドと肩を並べることになりました。大変光栄なことです」とFossilグループ入りについて説明しました。

MISFIT RAY Fossil Groupには現在19のブランドがあります。MISFITは2015年11月からFossil Groupの1ブランドに

 MISFIT RAYは、ヴー氏が「自分が好きな時計と一緒に身に着けられるものをイメージしました。また柔軟なデザインで、どんな服装にも合うものを目指しました」といいます。外観は非常にシンプルですが、そのシンプルさを実現するために、多数のサンプルを作ってさまざまな可能性を検討したそうです。

MISFIT RAY RAYのシンプルなスタイルを実現するまでには、さまざまな形状の検討が行われました
MISFIT RAY これは本体の形
MISFIT RAY まっすぐな円筒にするか、カーブを付けるかなども確認
MISFIT RAY 本体のデザインもラインの有無などさまざまな可能性を確認したそうです
MISFIT RAY LEDの形状や位置も試行錯誤
MISFIT RAY バンドの付け根のデザインもいろいろと試しています
MISFIT RAY 本体の形状だけでなく、バンドの色やデザインにもこだわりました
MISFIT RAY 最終的にはカジュアルとドレッシーの中間くらいの形状に
MISFIT RAY バンドには、穴があるとガジェットっぽさが出るため、あえて穴がない形状を選択
MISFIT RAY バンドの留め具のデザインも細かく検討したとのこと

 多彩なアクセサリーを用意する予定で、7月くらいをめどにバンドやネックレスなどを追加で販売する予定です。いずれも6000円以下の価格帯になる見通しです。

 バッテリーはボタン電池3個。「393」という聞き慣れない型番のものが製品に同梱されていますが、互換性がある「SR754W」「SR48W」も使えます。連続動作時間は最大6カ月。交換は簡単で、ストラップをねじるように外すと本体ケースの中からバッテリーなどが入ったケースが取り出せます。しっかりねじ込む機構になっているため、バッテリーのカバーがゆるくて浸水するといった心配はなさそうです。ちなみに水深50mまでの防水性能を持ちます。

MISFIT RAY 本体はアルミの円筒で、内部にセンサーとボタン電池を内蔵します。8mm幅の時計用バンドにも交換可能です

 機能はSHINE 2とほぼ同じ。時刻を表示する機能のみありませんが、そのほかは歩数や消費カロリーなどの活動量の測定から水泳の距離、睡眠の時間と質などの計測に対応します。またスマートフォンの着信を通知したり、IFTTTを活用してリモートシャッター代わりに使ったりすることもできます。

MISFIT RAY 活動量や睡眠の測定の他、着信の通知、スマートフォンのカメラや音楽再生のコントロールなども可能なMISFIT RAY。機能面ではSHINE 2とほぼ同じだそうです

 販売は、これまでどおり家電量販店やAmazon、ソフトバンクセレクションなどで行いますが、今後はFossil Groupの直営店などでの販売も検討していくとのことです。

 なお、5月13日から5月26日まで、MISFITの公式オンラインショップでは先行予約を受け付けており、レザーバンドモデルを予約すると、オリジナルレザーブレスレットが特典として付いてきます。

MISFIT RAY Fossil Group Connected Devices President and CTO、サニー・ヴー氏(中央)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう