レビュー
» 2016年05月30日 12時42分 UPDATE

あなたのiPhone 6/6sを「バットマン」仕様にするスマホケース

バットマンと言えばなんといっても漆黒のコスチューム。世界観をイメージしたiPhoneケースが登場しました。これならゴッサム・シティでも安心ですね。

[エースラッシュ,ITmedia]

 漆黒のバットスーツを身にまとい、架空の都市「ゴッサム・シティ」を悪の手から守るべく戦い続けるヒーロー「バットマン」。1939年にナショナル・アライド(現:DCコミックス)発行の月刊誌「ディテクティブ・コミックス」で初掲載されて以降、現在までコミック/映画/ドラマ/小説/ゲームと幅広いメディアで展開され、オリジナルだけでなく多数のスピンオフ作品も生み出してきました。

UNiCASE 「ワーナーキャラクター ウォレットケース バットマン for iPhone6s/6」

 バットマンの魅力は数多くありますが、そのうちの1つは彼自身が特殊能力を持つ“超人”ではなく“一般的な人間”だということでしょう。その明晰な頭脳と鍛え上げられた肉体、鍛錬を重ねた格闘術、そして数々のガジェットや乗り物を駆使して悪と戦う姿は、超人が活躍するアメコミが多い中で一線を画す存在といえます。また、善悪を見極める心の葛藤や苦悩、ジョーカーを筆頭に個性豊かな敵役(ヴィラン)がそろっているあたりも見どころですね。

UNiCASE バットマンのイメージカラーであるブラックのフラップ表面に、コウモリをイメージしたおなじみのロゴを型押し

 そんな人間味あふれるアメコミ界のメジャーヒーローと、CCCフロンティアの「UNiCASE」ブランドがコラボ! iPhone 6/6s用ケース「ワーナーキャラクター ウォレットケース バットマン for iPhone6s/6」として登場しました。

UNiCASE ケースの背面も同様に複数のロゴが型押しされています

 バットマンと言えばなんといっても漆黒のコスチューム。このフラップタイプのケースも外装にブラック、しかもマットな仕上がりのPUレザーを使用しています。そして複数のバットマークマークが型押しされています。

 フラップタイプでも留め具ではなくマグネット方式を採用しているためスッキリとしたデザインが印象的。ワンアクションでフラップを開閉できるだけでなく、例えば男性が胸ポケットへ入れる際に留め具が引っかかてしまうようなこともありません。

UNiCASE シンプルさと利便性を両立するマグネット方式により、ワンアクションでフラップを開閉できます

 フラップを開くとシックなブラックから一転、バットマンのロゴにも使われている輝くようなイエローが現れます。これは闇夜に舞う漆黒のマントと、内に秘めた輝くパワーを表現したもの。対照的な色使いが強く印象に残ります。

 内側の装飾は下部に型押しされたロゴのみですが、逆にそのシンプルさが主張しすぎず、なおかつ所有欲を満たしてくれるデザインといえるでしょう。機能面では、フラップの裏面にICカードなどが1枚収納できるポケットを備えているほか、iPhone 6/6s用ケース選びでポイントの1つとなるストラップホールも標準装備しているので大変便利です。

 iPhone本体の装着部については、耐衝撃性に優れたポリカーボネート製を採用。ホールド感もバッチリで、大切なiPhoneを衝撃から保護してくれます。

UNiCASE 内側はバットマンのロゴにも使われている輝くようなイエローで、フラップ裏面にはカードが1枚収納できるポケットを装備
UNiCASE カメラ部分のクリアランスも十分に確保されています
UNiCASE ケース上部にはストラップホールも標準装備
UNiCASE iPhone本体の装着部は耐衝撃性に優れたポリカーボネート製
UNiCASE こちらは実際にiPhone 6sを装着した状態
UNiCASE フラップを閉じた状態でも内側のイエローが見えるおしゃれなデザイン
UNiCASE もちろんケースを装着したまま各種ボタン操作やケーブルの接続も行えます

 シックなデザインと機能性を備えつつ、世界観を崩さずバットマン好きの心を十分に満たしてくれるこのUNiCASEのバットマンiPhoneケース。スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」のオンラインストアおよび各リアルストアにおいて、4000円(税別)で販売中です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう