連載
» 2016年06月04日 06時00分 UPDATE

格安SIMの買い方は?:「データ通信専用SIM」編

[ITmedia]

 データ通信専用SIMは、家電量販店などの店舗のほか、オンラインショップで販売されています。音声通話を伴わないので、どこでも比較的簡単に購入できるでしょう。

 購入時に気を付けたいのは、「SMS」をオプションでつけるかどうかです。LINEやモバゲーなどのサービスではSMSを使った認証方式が用いられているので、これらのサービスを快適に利用したければ、SMSをオプションで追加しておくのが無難といえます。

「SMS認証」を利用しているサービスを使うのであれば、SMSが利用できるデータ通信専用SIMがおすすめ

オンラインで購入するには?

 MVNOの公式ページでは、「ご購入」や「お申し込み」などのボタンをクリックすれば、購入手続きに進むことができます。案内が表示されるので、それに沿って操作すれば、さほど難しくはありません。

 まずは契約しようとしているMVNOが発行するアカウントを取得しなければならないパターンが多いので、メールアドレスやパスワードなどを入力して取得しましょう。料金プランやSIMカードのタイプ(データ通信専用/SMS対応/音声通話対応)、SIMカードのサイズなどを決めて手続きを進めていきます。また、端末を同時に購入するかどうかを選択できるMVNOもあります。

オンラインショップでは、料金プランやSIMカードの種類などを選択する(写真はIIJmioの例)

 決済には多くの場合、クレジットカードを使用します。クレジットカードの情報を登録するためのページが表示されるので、そこでカード番号や有効期限などを入力しましょう。最後に登録した内容を確認すれば、申し込みは完了です。

 MVNOによって到着までの日数は異なりますが、おおむね数日待てばSIMカードが配送されるでしょう。データ通信専用SIMなので、スマホに装着して初期設定を済ませれば、すぐに使い始めることができます。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう