連載
» 2016年06月05日 06時00分 UPDATE

格安SIMの買い方は?:「音声通話対応SIM」編

[ITmedia]

 音声通話対応SIMは、データ通信専用SIMと同様に、家電量販店やオンラインショップで購入できます。データ通信専用SIMとやや異なるのが、クレジットカードに加えて、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)と、MNPする場合は「MNP予約番号」が必要になる点です。

音声通話対応SIMの購入には、本人確認書類とMNP予約番号が必要

本人確認書類をアップロードする

 オンラインで音声通話対応SIMを購入する場合、個人情報の登録や、料金プランやSIMカードのサイズを選択したりするのは、データ通信専用SIMと同様です。それらに加えて、本人確認書類の画像をアップロードする操作が必要になります。「本人確認書類」に該当する書類の種類や、アップロードの仕方などについてはサイトに詳しい案内が明記されているので、それを確認しながら申し込みの手続きを行うようにしましょう。

免許証や健康保険証、パスポートなどの書類を用意し、それらの画像をアップロードして本人確認を行う

MNPで移行するには「MNP予約番号」が必須

 これまで使ってきた番号を引き続き利用できる「MNP」を利用する場合は、現在契約中のキャリアで「MNP予約番号」を取得する必要があります。サイトで申し込んでいる際に、その番号を登録する画面が表示されるので、案内に従って入力していきましょう。サイトでの手続きが完了すると、数日後にSIMカードが配送されます。SIMカードを装着して、開通手続きを行えば、利用を開始できます。

 オンラインショップでの購入は、本人確認書類のアップロードやMNP予約番号の取得など、初心者にはややハードルが高い操作が必要です。こうした操作がうまくできるか不安な場合は、専任のスタッフが対応してくれる家電量販店やMVNOの直営店などで購入するのが無難でしょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう