連載
» 2016年06月12日 06時00分 UPDATE

格安SIMはクレジットカードがなくても使える?

[ITmedia]

 格安SIMのほとんどは、支払いにクレジットカードを用います。そのため、クレジットカードを持っていないと、格安SIMは契約しにくくなると考えていいでしょう。

 とはいえ、数はかなり限られますが、一部のMVNOは「口座振替」に対応しています。クレジットカードを持っていなかったり、どうしても個人情報を登録したりしたくないという場合は、口座振替に対応しているMVNOの格安SIMを選ぶといいでしょう。ただし、口座振替を選択すると、振替手数料が発生するMVNOもあるので、クレジットカード以外の支払い方法を選ぶ場合は、事前に確認するようにしましょう。

デビットカードに対応するMVNOもある

 MVNOのなかにはクレジットカードに加えて、代金が即時に引き落とされる「デビットカード」に対応している場合もあります。例えば、楽天モバイルでは本人名義のクレジットカードのほか、「楽天銀行デビットカード」か「スルガ銀行デビットカード」のいずれかを選択できます。ただし、こちらもMVNOのなかでは少数派です。IIJやBIGLOBEをはじめとする主要なMVNOではデビットカードは使えず、「クレジットカードのみ」と明言されています。

楽天モバイルは「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」での支払いに対応する

プリペイドSIMなら登録は不要

 どうしてもクレジットカードは使いたくない、という場合は、プリペイドSIMを使うのも手です。音声通話ができないデータ通信専用SIMになりますが、クレジットカードはもちろん、銀行口座の登録などを一切することなく利用できます。容量が足りなくなっても、家電量販店やコンビニなどで、気軽に追加容量を入手できるので、「使用する分だけを堅実に購入したい」という人に適しているといえるでしょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう