ニュース
» 2016年07月28日 11時00分 UPDATE

auの夏モデル第2弾 専用キーで分かりやすいシニアスマホ「BASIO2」【写真追加】

KDDI(au)が2016年夏モデルの第2弾を発表。専用キーが分かりやすいシニアスマホ「BASIO2」。背面に、デジカメ感覚で使えるレンズカバーを備えた。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは7月28日、auの夏モデル第2弾としてシニア向けスマートフォン「BASIO2 SHV36」(シャープ製)を発表した。8月5日に発売する。

BASIO2 「BASIO2」。ボディーカラーはゴールド、ネイビー、プラムの3色
BASIO2 スライド式背面カバーを開くとカメラが起動

 防水、防塵ボディーに5型HD(720×1280ピクセル)表示のIGZO液晶を搭載したモデルで、物理式のホームキーに電話とメールの専用キーも備えた。電話、メールキーが着信時に光って通知するなど分かりやすい操作性が特徴だ。背面のスライド式カバーを開くと約1310万画素のアウトカメラが起動し、側面のシャッターキーで撮影できるなど、コンパクトデジカメのように使うこともできる。

BASIO2

 ホーム画面はケータイの様なタイルメニューで、よく使う連絡先を登録できる3つのボタンも用意した。文字サイズを素早く変えられる機能や拡大鏡機能、日本語入力で迷ったら案内通知を出すアシスト機能などもある。ワンセグ、赤外線通信や国際ローミングには対応するが、おサイフケータイには非対応だ。

 通信面では下り最大150Mbpsの4G LTEとWiMAX 2+に対応。VoLTEによる通話がさらに快適になるよう、従来より1.5倍の音が出せる大きめの通話用スピーカーにノイズやエコーを抑える技術を搭載し、相手の声がゆっくり聞こえるスロートークモードも利用できる。

 ボディーカラーはゴールド、ネイビー、プラムの3色で、カラーバリエーションに合わせた純正のレザーケースも用意。装着したまま通話やカメラ撮影、付属クレードルでの充電ができるデザインを採用した。また製品には見やすく分かりやすい説明書も付属する。

写真で見る「BASIO2 SHV36」

BASIO2
BASIO2
BASIO2BASIO2
BASIO2BASIO2
BASIO2BASIO2
BASIO2BASIO2 背面のスライドカバー
BASIO2 デジカメスタイルで撮影できる
BASIO2BASIO2 専用キーから通話とメールを起動できる
BASIO2BASIO2
BASIO2BASIO2 カラーで分かりやすい説明書付き
BASIO2BASIO2 カラーバリエーションに合わせたケースをオプションで用意(写真=左)。光る専用キーが見えるデザイン(写真=右)
BASIO2BASIO2 ケースを付けたまま背面のスライドカバーも開閉できる(写真=左)。ケースは卓上ホルダでの充電にも対応(写真=右)
「BASIO2 SHV36」の主な仕様
機種名 BASIO2 SHV36
メーカー シャープ
OS Android 6.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 617「MSM8952」/1.5GHz+1.2GHz 4コア
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5型HD表示IGZO液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約1170分(VoLTE)
連続待受時間 LTE/WiMAX2+:約820時間
バッテリー容量 2810mAh
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー ゴールド、ブルー、レッド
サイズ 約71(幅)×143(高さ)×9.3(奥行き)mm
重量 約150g
発売日 8月5日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう