ニュース
» 2016年09月14日 19時24分 UPDATE

やはり神デバイスか:「ポケモンGO Plus」、アプリがバックグラウンド動作中も「歩いた距離は反映」と更新

ポケGOアプリがバックグラウンド動作中でも、「歩いた距離は反映される」と「Pokemon GO Plus」の説明を更新した。

[井上輝一,ITmedia]

 9月16日に発売する「Pokemon GO Plus」だが、14日付けで公式サイト上にある仕様が追記された。

9月16日に発売を控えた「Pokemon GO Plus」 9月16日に発売を控えた「Pokemon GO Plus」
公式サイトよりスクリーンショット 公式サイトよりスクリーンショット

『Pokemon GO』がバックグラウンドで動作している間も、タマゴをかえすことや、相棒のポケモンのアメをもらうために必要な、”歩いた距離”は反映されます。

 従来の説明では、「バックグラウンドで動作している場合、歩いた距離は反映されない」とのことだった。このことから、「なんだ、タマゴのふ化には結局スマホの画面をつけていないといけないし、だったら全部スマホで操作するよ」という声が少なからずあった。

 説明を覆す更新なだけに、信ぴょう性にやや疑問符が付くが、本当であればタマゴふ化の効率化やスマホのバッテリー節約に貢献できる。是非とも実機で確かめたいところだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう