ニュース
» 2016年09月29日 19時35分 UPDATE

mineoユーザーでパケットを共有できる「フリータンク」が「2016年度グッドデザイン賞」受賞

「mineo」で提供している「フリータンク」が、2016年度のグッドデザイン賞を受賞した。ユーザー同士でパケットを共有して助け合える仕組みが高く評価されたという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは9月29日、MVNOサービス「mineo」で提供している「フリータンク」が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞したことを発表した。MVNO(仮想移動体通信事業者)としては、初のグッドデザイン賞受賞となる。

Photo 「2016年度グッドデザイン賞」を受賞

 このサービスは、全国のmineoユーザーでパケットを共有し助け合うというもので、余ったパケットを預け入れたり、足りないパケットを最大1GBまで引き出したりできる。コミュニティサイト「マイネ王」に登録さえすれば、全てのmineoユーザーが利用できる。

 2015年12月のサービス開始から、約207TBのパケットが出入りしており、現時点で約15TBのパケットがフリータンクに貯まっている状態だという。熊本地震の際にはユーザーとケイ・オプティコムが団結し、地震の翌日からフリータンクの引き出し可能とするなどの支援も行ってきた。

Photo フリータンク

 受賞については「パケットをお裾分けする」という日本的な共有文化に根付いたアイデアを一定以上のユーザー規模で実現している点が高く評価された。この独自サービスは「MM総研大賞2016 話題賞」「コードアワード2016 グッド・イノベーション賞」も受賞しており、同社は今後も魅力的なサービスで他社との差別化を図っていくとしている。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう