ニュース
» 2016年11月24日 06時00分 UPDATE

SIM通:日本通信とU-NEXTが協業合意へ 新しい市場開拓目指す

日本通信とU-NEXTは、MVNO事業に関する協業について合意したと発表した。顧客開拓をU-NEXTが担当し、日本通信はプラットフォームの開発・提供に専念。お互いの得意分野に注力し「第4の通信事業者グループを目指し市場開拓に当たる」としている。

[SIM通]
SIM通

 日本通信株式会社と株式会社U-NEXTは7日、MVNO事業に関する協業について合意したことを発表しました。

日本通信とU-NEXTのロゴ

 8月10日に、日本通信の個人向けMVNOサービス「b-mobile」の運営をU-NEXTが引き継ぐことが発表されていました。しかし、今回の声明には「両社で共同して事業運営していく」と記されており、従来通りのサービス運営も協業内容に含まれるようです。

 今後の詳しいサービス内容はまだ不明ですが、顧客開拓をU-NEXTが担当し、日本通信はプラットフォームの開発・提供に専念。お互いの得意分野に注力することで「第4の通信事業者グループを目指し市場開拓に当たる」としています。

 今回の合意について、日本通信 代表取締役会長 三田聖二氏は「16年かかってきたMVNO業界をもう一歩、根本的にモデル強化する前例がこの合意で完成した。今後のわが国の経済・IoT戦略を実現するための大きなマイルストーンです」とコメントしており、本格的な普及期を迎えるMVNO市場の意義のさらなる躍進を目指すようです。

U-NEXTと日本通信、MVNO事業に関する協業について合意

 U-NEXTのMVNOサービス「U-mobile」では9月8日より、日本通信がMVNEとして回線提供する「U-mobile MAX 25GB」というプランをスタートさせていますが、さらにU-NEXTの映像サービスをb-mobileで利用できるようになるかもしれません。今後、大きな影響力を持つであろう両社の協業に、ユーザー、MVNO業界双方からの注目が集まることでしょう。

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

日本通信 | U-NEXT | MVNO | 協業 | b-mobile | 格安SIMカード | SIM通 | MVNE


Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう