ニュース
» 2016年11月25日 15時00分 UPDATE

ファーウェイ、「MediaPad T2 Pro」に8型モデルを追加 LTEモデル(通話対応)とWi-Fiモデルを用意

ファーウェイの「HUAWEI MediaPad T2 Pro」に、8型モデルが追加される。すでに発売済みの7型モデル、10型モデルと合わせて3つの画面サイズから選べるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは12月9日、Androidタブレット「MediaPad T2 8 Pro」を発売する。想定販売価格は、モバイル通信(LTE/W-CDMA/GSM)に対応する「LTEモデル」が2万2800円(税別、以下同)、無線LAN(Wi-Fi)通信にのみ対応する「Wi-Fiモデル」が1万7800円。同社の直販サイトの他、主な家電量販店・オンラインストアで販売する。

HUAWEI MediaPad T2 8 Pro HUAWEI MediaPad T2 8 Pro(ホワイト)

 同社の「MediaPad T2 Pro」はミドルレンジのAndroidタブレットのシリーズで、すでに7型モデル「MediaPad T2 7 Pro」と、10型「MediaPad T2 10 Pro」が発売済みだ。

 今回登場する8型モデルは、ディスプレイとしてUXGA(1200×1920ピクセル)解像度の8型IPS液晶を搭載している。独自の画像最適化技術「ClariVu」によって、画面の色味や明るさを自動的に最適化できるようになっている。また、ブルーライトをカットする「Eye Careモード」や炎天下において輝度とコントラストを自動調整する「Sun View」も搭載している。

 プロセッサにはQualcommの「Snapdragon 615」(CPU部は1.5GHz 4コア+1.2GHz 4コア)を搭載し、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBを備える。外部ストレージは最大128GBのmicroSDXCに対応する。

 カメラは、アウトカメラが800万画素、インカメラが200万画素のCMOSセンサーを搭載している。バッテリー容量は4800mAhで、ユーザーによる交換には対応していない。

 無線LANはIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応している。LTEモデルについては、以下の通信規格および周波数帯(Band)のモバイル通信にも対応する。

  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20/26/28
  • TDD-LTE:Band 38/40/41
  • W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz帯

 なお、LTEモデルはW-CDMA・GSM規格の音声通話にも対応している。音声通話対応のSIMカードを挿入すれば、携帯電話やスマートフォンと同様に通話することもできる。ただし、VoLTEには非対応であるため、au(KDDI・沖縄セルラー電話)とau回線を利用するMVNOサービスのSIMカードでは音声通話はできない。

「MediaPad T2 8 Pro」の主な仕様
機種名 MediaPad T2 8 Pro(LTEモデル) MediaPad T2 8 Pro(Wi-Fiモデル)
メーカー Huawei
OS Android 6.0
プロセッサ Quacomm Snapdragon 615(MSM8939)/1.5GHz 4コア+1.2GHz 4コア
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSD(最大128GB)
ディスプレイ 約8型 IPS液晶
解像度 1200×1920ピクセル
バッテリー容量 4800mAh
アウトカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約200万画素CMOS
ボディーカラー ホワイト
サイズ 約123(幅)×209.3(高さ)×8.1(奥行き)ミリ
重量 約340グラム
ネットワーク FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20/26/28
TD-LTE:Band 39/40/41
3G:Band 1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz帯
通信速度 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps(LTE)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう