連載
» 2016年12月14日 06時00分 UPDATE

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「バッテリーの節電方法」です。

 まだ購入したばかりのiPhoneでも、バッテリーがすぐに減ってしまう場合があります。あまり使っていないのにバッテリーの減りが早い場合は、設定に問題があるかもしれません。一度、以下の点を確認してみてください。

画面の明るさ

 iPhoneの画面は、それほど明るい設定にしなくても十分普段使いができます。状況によって明るさを設定し直すのが面倒なときは、「明るさの自動調整」をオンにしておきましょう。「設定」→「表示と明るさ」の項目から設定できます。

バックグラウンド更新をオフにする

 バックグラウンドで複数のアプリケーションが動作しないよう、アプリケーションのバックグラウンド更新をオフに設定しておきましょう。「設定」→「一般」→「Appのバックグランド更新」を選択し、オフにすればOKです。

壁紙を固定する

 細かなことですが、壁紙を固定しておくのも省バッテリーにつながります。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」の項目をオンにすればOKです。

GPS機能をオフに

 普段、マップアプリを使わないのであれば、位置情報サービスをオフにしておくと、無駄なバッテリー消費を抑えることができます。

Wi-Fi接続にする

 携帯電話の通信データよりも、Wi-Fi接続の方が消費電力が少ないため、Wi-Fi環境下にいるときはWi-Fiに接続しましょう。画面を上に向かってスワイプし、「コントロールセンター」から、一番上の項目、左から2番目のボタンをタップすれば、Wi-Fiに接続できます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう