ニュース
» 2016年12月27日 18時35分 UPDATE

自分だけの正しい健康ゴールを作れる――リストバンド型心拍計「Mio SLICE」発売

ウェザリージャパンは、12月27日にリストバンド型心拍計「Mio SLICE」の予約販売を開始した。利用者ごとに正しい健康のゴールを設定できる健康指標「PAI(パイ)」を本体モニターで確認できる世界初のモデルだ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ウェザリージャパンは、12月27日にリストバンド型心拍計「Mio SLICE」の予約販売を開始した。オンライン直販価格は各1万8400円(税別)で、2017年1月中旬の発送を予定している。

PhotoPhoto Mio SLICE

 世界で初めて27年間、6万人を対象に研究を重ねて生まれた健康指標「PAI(パイ)=Personal Activity Intelligence」を本体モニターで確認できる。利用者の性別、年齢、身長、体重と測定した心拍数をもとに計測を行い、自分だけ正しい健康のゴールを作れる。

 手首に装着すると光学センサーが着用を感知し、心拍数を継続的に測定可能。測定結果はリアルタイムで画面に表示され、心拍数を確認しながら自分のペースでワークアウトできる。背面には激しい運動中でも正しい心拍数を測定できる、フィリップス研究所と共同開発した米国特許取得の高精度センサーを搭載している。

 3軸加速度センサーで睡眠サイクルや距離、歩数、消費カロリーを測定でき、暗い場所でも使用できるようLEDライトを備えている。本体では最長で7日までのアクティビティデータを記録し、スマートフォンと同期した際に自動的にデータを転送する。Bluetooth SMARTとANT+に対応し、専用アプリのほかさまざまなフィットネスアプリと心拍数データを同期可能。約5日間の連続利用に対応し、センサー部分やリストバンドを含めた全体の水洗いや水中ウォーキングも行える防水性能を搭載している。

 サイズは高さが約135mm、幅が約208mmで、長さはスモールが約2150mm、ラージが約2400mm。重量はスモールが約28g、ラージが約29g。バッテリー容量は60mAh、カラーはブラック、ネイビー、シエンナオレンジ、ストーンホワイト。対応モデルはiPhone 4s以降、iPad(第3世代)以降、iPad mini、iPod touch(第5世代)、Bluetooth SMARTに対応するAndroid 4.3以降のスマートフォン・タブレット。通常のデジタル腕時計としても利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう