ニュース
» 2017年01月12日 10時19分 UPDATE

Uber、スマホのカレンダー連係で予定からの配車が可能に

配車サービスのUberが、カレンダーに入れた予定から配車する機能を発表した。Uberアプリをカレンダーアプリと連係させると利用できる。予定には住所を入力しておく必要がある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uberは1月11日(米国時間)、公式アプリの新機能「Calendar Shortcuts」を発表した。カレンダーアプリと連係させることで、カレンダーに入力した予定が近づくとUberアプリの画面に予定に基づく配車のためのショートカットアイコンが表示される。

 この機能はまずはiOSアプリに同日から世界で“ローリングアウト”していく。Androidアプリにも“間もなく”追加される見込みだ。

 この機能を利用するには、[Settings]→[Calendar Events]でモバイル端末のカレンダーアプリとの連係を設定する。カレンダー側で予定を入力する際、目的地の住所を入力しておく必要がある。

 ショートカットをタップすれば、後は数ステップで目的地への配車が完了するという。

 uber 1 uber 2 設定画面(左)、アプリに表示されたショートカット(右)

 Uberは2016年12月には、行き先を場所ではなく、会いたい相手の現在地で指定できる機能も追加している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう