ニュース
» 2017年06月01日 11時00分 UPDATE

UQ mobileポータルアプリに高速通信の使いすぎ防止機能 「UQあんしんパック」「家族みまもりパック」も提供

「UQ mobile」のポータルアプリをアップデート。自動で高速通信から節約モードに切り替わる機能を追加。「UQあんしんパック」と「家族みまもりパック」も提供する。

[田中聡,ITmedia]

 UQコミュニケーションズは、MVNOサービス「UQ mobile」向けのポータルアプリに、6月20日から新機能を追加する。ユーザーに寄せられた要望を反映したという。

 データチャージの履歴表示を追加し、「今月分」と「すべて」の履歴を切り替えて表示できる。今月分を表示すると、当月に取得したチャージの合計値が表示される。UQによると、データ増量2倍キャンペーンでは、チャージした分から割り引くため(おしゃべりプランS/ぴったりプランSなら500MB×2回分まで割り引く)、現在のチャージが割り引きの対象かどうかを確認したい、という声があったため取り入れたという。

UQ mobile

 ターボ機能で高速通信に切り替える際、あらかじめ設定した時間帯に、自動で節約モードに切り替わる設定も追加する。これにより、高速通信の使いすぎを防止できる。こちらはAndroidアプリのみが対応する。

UQ mobile

 あわせて、「UQあんしんパック」と「家族みまもりパック」を6月8日から提供する。

 UQあんしんパックは、オペレーターが遠隔でスマホの設定を行う「UQあんしんサポート」、データを自動でバックアップする「クラウドバックアップ by AOS Cloud」、セキュリティサービス「UQ SNS セキュリティ by MyPermission」をセットにしたもの。個別に契約すると合計月額1000円かかるが、セットだと月額500円で利用できる。

UQ mobile

 家族みまもりパックは、リアルタイムで家族の居場所が確認できる「みまもりサービス by Family Locator」と、子どもがSNSを安全に利用するためのサービス「filii」をセットにしたもの。個別に契約すると合計月額500円かかるが、セットだと月額380円で利用できる。

UQ mobile

 いずれもUQ mobileのSIMカードを挿したスマートフォンで利用する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう