ニュース
» 2017年10月27日 15時55分 公開

LINEモバイルがMNP転入可能事業者を拡大 開通手続き時間も大幅短縮

11月14日から、LINEモバイルに番号ポータビリティ(MNP)転入可能なMVNOが追加される。それに先立ち、10月24日からMNP転入手続きにかかる時間を短縮した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 LINEモバイルは11月14日、番号ポータビリティ(MNP)による転入に対応するMVNOを16社追加する。これにより、大手キャリアを含む全携帯電話事業者からのMNP転入に対応する。

Photo MNP転入可能な携帯電話事業者が拡大

 新たにMNP転入に対応するMVNOは以下の通り。

  • NTTコミュニケーションズ:「OCNモバイルONE」
  • NTTPCコミュニケーションズ:「Master'sONE」
  • NTTぷらら:「ぷららモバイル」
  • ニフティ:「NifMo」
  • グローバルトラストネットワークス:「GTN MOBILE」
  • サンライズ:「Sun-Netモバイル」
  • 朝日ネット:「ANSIM(アンシム)」
  • 日友インターナショナル:「Musashi Mobile」
  • ジャパンモバイル:「J・mobile」
  • ウィル:「ハルモバイル」
  • 坊っちゃん電力:「坊っちゃん電力のSIMカード」
  • 大一ガス:「大一でんわ」
  • ネクストパワーやまと:「やまとモバイル」
  • MEモバイル:「カシモ」
  • ファーストテレコム:「J1mobile」
  • 静岡新聞社:「@Sモバイル」

 これに先立ち10月24日からは、MNP契約における開通手続きにかかる時間を「1時間程度」から「最短数分」に大幅短縮した。

 また、LINEモバイルの1周年を記念して9月5日にスタートした「1周年記念! 選べるキャンペーン」の期間を11月7日から12月11日まで延長。キャンペーンでは新たに音声通話SIMを利用すると、プランに応じて最大4000円相当の特典がプレゼントされる。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう