ニュース
» 2017年11月01日 20時15分 公開

ソースネクスト、メッセージをテキスト化できる「スマート留守電」をIIJmioに提供

ソースネクストが、インターネットイニシアティブ(IIJ)のMVNOサービス「IIJmio」に自社の留守番電話サービス「スマート留守電」を提供。IIJmioユーザーは、オプションサービスとしてスマート留守電を利用できるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソースネクストは11月1日、留守番電話サービス「スマート留守電」をインターネットイニシアティブ(IIJ)のMVNOサービス「IIJmio」のオプションサービスとして提供を開始した。IIJmioユーザーは、Android版・iOS版共に月額290円(税別)で利用できる。

PhotoPhotoPhoto 「スマート留守電」の利用イメージ

 このサービスでは、留守番電話センターへかけ直すことなく、メッセージをその場で再生可能。スライドバーで聞き直したい箇所を指定できるほか、メッセージをテキスト化してメールやLINEへ送信することもできる。

 メッセージ伝言を残してもらうための応答メッセージも自由に設定でき、転送先を最大10件まで指定できる。連絡先に登録していない電話番号でも、540万件以上(2017年7月現在のデータ数)のデータベースから照合して名前を報じ可能だ。。

 通話料は伝言録音時のみかかる。保存件数・期間は“無制限”だ。

photo
photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう