ニュース
» 2018年02月08日 21時20分 公開

ソフトバンク、「ジュニアスマホ」2月9日に提供開始 子どもの安全なスマホライフをサポート

ソフトバンクが、Androidスマートフォン用の無料サービス「ジュニアスマホ」を開始する。「キャリア決済利用禁止」「フィルタリングサービス」などが適切に設定されるため、より安心して子供がスマホを使える環境が整うという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは2月9日、ソフトバンクブランドのAndroidスマートフォン用サービス「ジュニアスマホ」の提供を開始した。月額使用料は無料で、ソフトバンク取扱店で申し込める。

Photo 「ジュニアスマホ」におけるホーム画面のイメージ

 このサービスは、「子どもが安心してスマートフォンを利用できる環境をサポートする」目的で提供される。

 申し込むと、以下の設定がまとめてなされる。

  • 「ソフトバンクまとめて支払い」の利用禁止(有料コンテンツ購入が困難に)
  • 子供の年齢に合わせた「あんしんフィルター」(フィルタリングサービス)適用

 設定はその場で店員が行うことになっている。なお、クレジットカードや「Google Playギフトカード」を使ったコンテンツ購入は制限されない。また、ジュニアスマホ加入前に登録のあった月額コンテンツについては引き続き課金が継続される(別途解約などが必要)。

 サービス開始時点における対象機種は「Xperia XZ1」「AQUOS R compact」「Xperia XZs」「AQUOS R」「AQUOS ea」「DIGNO G」「HTC U11」で、今後拡大していく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう