連載
» 2018年03月04日 10時00分 公開

AF対応の200万画素カメラを搭載した「mova SH505iS」(懐かしのケータイ)

カメラの高画素化が進む中で、いち早く200万画素のセンサーを採用したSH505iS。AF対応や横撮りスタイル、カメラ周りのデザインもデジカメに近づいたケータイでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのシャープ製ケータイ「mova SH505iS」です。

「mova SH505iS」(閉じた正面)
「mova SH505iS」(開いた正面) 「mova SH505iS」

 SH505iSは、ドコモで初めて200万画素以上のセンサーを持つカメラを搭載した製品です。

 記録画素(画像ファイルのピクセル)数を見ると、2カ月先に発売された「D505iS」も200万画素ですは、この機種は搭載する「スーパーCCDハニカム」センサーは100万画素。センサーの特性により、実際の2倍(200万画素)での出力が可能だったのです。

 「200万画素のセンサーの画像を200万画素で出力する」という意味では、このSH505iSが初だったのです。

「mova SH505iS」(閉じた背面)
キー回り

 前モデルのSH505iからカメラの位置が本体底面に移動し、背面ディスプレイをファインダー代わりにした横撮りでの撮影が可能になりました。それに合わせて側面にシャッターボタンも新設されました。

 また、新たにAF機能にも対応。カメラ周りには円形のアルミ素材を使用し、少し盛り上がったデザインになっていて、見た目も撮影スタイルもまるでデジカメのようなケータイでした。

左側面
右側面

(機材協力:携帯市場)

「mova SH505iS」の主な仕様

  • 発売日:2003年12月12日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約50(幅)×102(高さ)×24(奥行き)mm
  • 重量:約123g
  • メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)CGS液晶 26万2144色
  • サブディスプレイ:1.2型(160×120ピクセル)TFT液晶 6万5536万色
  • アウトカメラ:有効約202万画素CCD
  • ボディーカラー:シグナスシルバー、スペースブラック、アクエリアスブルー

関連キーワード

NTTドコモ | CCD | シャープ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう