Special
» 2018年03月06日 10時00分 公開

プライベートも仕事もはかどる 新生活はファーウェイのスマートフォンで決まり! (1/3)

就職や入学を控えたこの春に、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えよう。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。今回は最新ラインアップから4モデルを紹介したい。(提供:ファーウェイ・ジャパン)

[PR/ITmedia]
PR

 就職や入学を控えたこの春、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えたいところ。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。

 春の最新モデルとして、プロ並みの写真をSNSにアップできるダブルレンズ、ビジネスに最適なスリムデザインや便利機能を搭載した4モデルを紹介しよう。

お得なキャンペーン情報もお見逃しなく!

 3ページ目の後半に、新生活応援キャンペーンを紹介。ファーウェイ製品をゲットできるチャンスがあるのでお見逃しなく!


小型ボディーでセルフィーを満喫できる「HUAWEI nova 2」

 休日にカメラ撮影を楽しみたいなら、auから販売されている「HUAWEI nova 2」がオススメだ。色鮮やかな約5型(1920×1080ピクセル)ディスプレイを搭載しており、幅は約69mmと細く丸みを帯びているので、男女ともに持ちやすい。

Huawei 「HUAWEI nova 2」
Huawei カラーはローズゴールド、グラファイトブラック、オーロラブルーの3色(※ローズゴールドはau限定色。UQ mobileでは「プレステージゴールド」を扱っている)

 注目はセルフィー用のサブカメラ(インカメラ)で、美肌効果や背景にボカシを入れられるポートレートモードに対応し、画質も約2000万画素と他にない高画質仕様となっている。

 気になる美肌の盛りは10段階で調整でき、ナチュラルからソフトまで思いのまま。背景のボカシもワンタッチで入れれば、まさにセルフポートレートと呼べる、雰囲気のある写真撮影を楽しめる。

Huawei ポートレートモードでは、美肌効果のあるビューティ補正機能と背景ぼかし機能を利用できる
Huawei ビューティ補正能の盛り具合は自由に設定可能だ

 さらに、ジェスチャーセルフィー機能を搭載しているので、自分撮りのシャッターは、カメラに手のひらを向けるだけ。タイマー撮影が始まるので、余裕を持って笑顔を作ろう。もちろん画面上のシャッターボタンのタッチや、背面の指紋認証センサーのタッチでも撮影できる。

Huawei インカメラに手のひらを向けるだけでタイマー撮影が始まり、シャッターを切ってくれる
Huawei 指紋センサーに触れてシャッターを切ることもできる。ほぼ指を移動させずにシャッターを押せるのは便利だ

 HUAWEI nova 2はアウトカメラも充実している。こちらも背景をボカしたプロ並みの撮影を楽しめる他、望遠レンズを搭載しているので、遠くの被写体もバッチリ。セルフィーだけじゃなく、日常や風景撮影もしっかり撮れるスマホだ。

Huawei 背面にはダブルレンズカメラと指紋認証センサーを搭載
Huawei 本格デジカメで撮ったような、背景ぼかしを入れたポートレート撮影を楽しめる
HuaweiHuawei 左が等倍、右が2倍ズームで撮影。画質が劣化することなく、観覧車のディテールを記録できている
HuaweiHuawei こちらは画面で比較したもの。「1.0X」を押すと望遠レンズに切り替わって2倍ズームになる

 メタル素材を採用したスリムボディーは高級感があり、ビジネスシーンにもピッタリ。スーツの内ポケットにもすっきり収まってよく似合う。丸みを帯びた手のひらにフィットしやすい形状で、急ぎの要件も片手の親指で素早く対応できる。

Huawei メタルフレームと厚さ約6.9mmの形状は、スーツの胸ポケットへの収まりが良い

 夜、充電を忘れていても、HUAWEI nova 2は急速充電に対応している他、バッテリーも2950mAhと大容量なので、朝忙しいビジネスマンにとって、長時間の利用も安心だ。

Huawei 付属の急速充電アダプターを使うと、短時間で数時間持たせるだけの充電が可能だ

 通勤や通学時に音楽や動画を楽しみたい人も要注目だ。HUAWEI nova 2はクリアかつ臨場感のある音を楽しめる。専用のポータブルプレーヤーを使わなくても、HUAWEI nova 2で満足できるはずだ。

Huawei イヤフォン接続時に、高音質のサウンドを楽しめる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:華為技術日本株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2018年3月28日