連載
» 2018年03月11日 10時00分 公開

FOMA初の防水対応! コンパクトなケータイ「FOMA SO902iWP+」(懐かしのケータイ)

コンパクトなストレート型FOMAの第2弾モデルとして登場した「FOMA SO902iWP+」。FOMAでは初めてとなる防水ボディーを有していました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「FOMA SO902iWP+」です。

「FOMA SO902iWP+」(正面)
「FOMA SO902iWP+」(背面) 「FOMA SO902iWP+」

 2006年6月に発売されたSO902iWP+は、FOMAケータイとしては初めて防水機能を備えました。ドコモとしても「R692i GEOFREEII」(日本無線製、2002年8月発売)以来、4年ぶりとなる防水対応モデルでした。

右側面

 この機種は、ソニエリ初のFOMA端末「SO902i」をベースに開発されました。ストレート型のボディーに「水深1メートルに30分放置しても性能に影響しない」というIPX7相当の防水性能が追加されています。

 ソニエリのコンパクトストレート端末で特徴的なのが、小さなスペースでも押しやすさを確保するダイヤルキーへの工夫です。SO902iWP+では、「premini-II」にも使用された細く高さを持たせたボタンが並ぶ「スレンダーキー」を採用していました。

拡張端子・メモリースティックDuoスロット回り

 同梱される「アクティブホルダ」は、本体を保護するエラストマー製のホルダに着脱可能なカラビナ風のフックが付いていて、カバンやベルトにぶら下げて持ち歩く、といった使い方ができました。

キー回り
持った様子

(機材協力:携帯市場)

「SO902iWP+」の主な仕様

  • 発売日:2006年6月30日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約49(幅)×114(高さ)×21(奥行き)mm
  • 重量:約120g
  • メインディスプレイ:1.9型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万2144色
  • アウトカメラ:有効約130万画素CMOS
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:アクティブホワイト、シティダーク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう