連載
» 2018年06月09日 10時00分 公開

au初のHDディスプレイ搭載 ほぼ全部入りなWiMAXスマホ「ARROWS Z ISW11F」(懐かしのケータイ)

防水やおサイフケータイなど、日本市場固有の機能に多く対応した「ARROWS Z ISW11F」。au向けに初めて提供された富士通ブランドのAndroidスマートフォンでで、HDディスプレイやデュアルコアCPUを搭載したハイスペックモデルでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)製スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」です。

「ARROWS Z ISW11F」(正面)
「ARROWS Z ISW11F」(背面) 「ARROWS Z ISW11F」

 2011年に発売されたARROWS Z ISW11Fは、初めてau向けに提供された富士通ブランドの端末です。

 auとしては初となるHD(720×1280ピクセル)ディスプレイを搭載し、デュアルコアCPU、WIN HIGH SPEED、+WiMAXなどのハイスペック機能に対応。さらに、IPX5/IPX8の防水性能、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、緊急地震速報といった日本市場向けの機能を盛り込んだ「ほぼ全部入りスマホ」でした。

ナビゲーションキー回り
カメラ回り

 ハイスペック防水モデルでありながら厚さは10.1mm、重さ131gに抑えられていて、ほぼ全部入りということで発売前の期待感が高く、発売当日の入荷台数より予約数が超えているという店舗もあるほどの人気ぶりを見せました。

 しかし、充電中などに本体温度が上昇しやすかったことや、ケータイアップデート(ソフトウェア更新)に失敗するWi-Fiをオフにすると再起動するなど、発売後にさまざまな問題が発生。別の意味で「記憶」に残る機種となってしまいました。

上面
左側面

「ARROWS Z ISW11F」の主な仕様

  • 発売日:2011年12月17日
  • キャリア:au
  • メーカー:富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約64(幅)×128(高さ)×10.1(奥行き)mm
  • 重量:約131g
  • メインディスプレイ:4.3型(720×1280ピクセル)TFT液晶 1677万色
  • アウトカメラ:有効約1310万画素 裏面照射型CMOS
  • インカメラ:有効約130万画素CMOS
  • ボディーカラー:ファインホワイト、ストリームブルー、ライブピンク、ネオブラック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう