ニュース
» 2018年06月26日 18時13分 公開

ドコモ、360度8KVRライブ映像を配信できるシステムを開発 5Gでの利用を想定

NTTドコモはヘッドマウントディスプレイを通し、スポーツや音楽イベントなどの360度8K映像をリアルタイムに視聴できるシステムを開発したと発表。同社の常設5G技術検証環境「ドコモ5GオープンラボTM Yotsuya」に展示を行う予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、6月26日に360度8KVRライブ映像配信・視聴システムの開発を発表した。

Photo 360度8KVRライブ映像配信・視聴システムの概要

 本システムは、ヘッドマウントディスプレイを通して、スポーツや音楽のライブイベントをリアルタイムに360度8K映像として撮影/配信できるというもの。4Kの4倍の演算処理負荷をクリアするため、高い処理能力を持つ半導体「FPGA(Field Programmable Gate Array)」を採用。高負荷演算をFPGAに合わせた形でアルゴリズムを検討し、高密度実装開発を行うことで映像合成や圧縮のリアルタイム処理(30fps)を可能とした。

 没入感の高いライブVR体験ができるよう、以下の4つのシステムを活用している。

  • 円周方向へ外向きに配置した5台のカメラから出力される4K魚眼形式映像を、リアルタイムに合成(スティッチング)して30fpsで出力する「リアルタイムスティッチング装置」
  • 映像をサーバへ配信するためにリアルタイムで圧縮(エンコード)を行う「リアルタイムH.264エンコーダー」
  • 映像を複数方向のタイルに分割する「リアルタイムパノラマ超エンジンエンコーダー」
  • タイルをユーザーの視聴方向に合わせて配信するサーバ

 今後、同社の「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画している1503企業・団体へ提供している常設5G技術検証環境「ドコモ5GオープンラボTM Yotsuya」で展示する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう