ニュース
» 2018年07月04日 16時50分 公開

auの「AQUOS SERIE mini SHV38」「AQUOS U SHV35」がAndroid 8.0にバージョンアップ

auが「AQUOS SERIE mini SHV38」「AQUOS U SHV35」のOSバージョンアップを開始した。Android 8.0の新機能を利用できるほか、メーカー独自の新機能・仕様変更なども盛り込まれている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は7月4日、シャープ製スマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV38」「AQUOS U SHV35」のOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 8.0」となる。

PhotoPhoto AQUOS SERIE mini SHV38(写真=左)、AQUOS U SHV35(写真=右)

 OSをバージョンアップすると、画面内にアプリを小窓表示する「ピクチャーインピクチャー(PIP)」など、Android 8.0の新機能を使えるようになる。

 またホーム画面(アプリ)が「Feel Home」から「AQUOS Home」に進化。簡単にアプリ一覧を呼び出せるようになる。アプリに新着や通知があった場合にアプリアイコン上に件数などを表示する「アイコンバッジ」に対応し、Google検索バーを自由にレイアウトできるようになる。

Photo ホーム画面が「Feel Home」から「AQUOS Home」に進化

 画面回りでは、ロック画面を表示するたびに違う壁紙を自動で表示する「ロックフォトシャッフル」の搭載や、電話機能関連の画面(ダイヤラー、発着信画面など)の仕様変更を行っている。

Photo 電話帳一覧画面の構成を変更

 カメラアプリでは、インカメラ撮影時に視線のズレを緩和する「アイキャッチセルフィー」機能を追加。ビデオプレーヤー起動時のレイアウトを変更し、端末の回転を「縦向きのままにする」にしていても1操作で全画面表示ができるようになった。

 文字入力システム「S-Shoin」のバージョンアップやAIエージェント「エモパー」のlivedoorニュース対応も行う。

 なお、このOSバージョンアップに伴い、以下の機能が削除される。

  • ホーム画面の「音声検索」アイコン(音声検索自体は「Google検索」などから可能)
  • NFCウィジェット
  • FeliCa PUSH機能
  • モバイルライトの自動消灯機能(手動での消灯のみに)

 バージョンアップファイルのサイズは「AQUOS SERIE mini SHV38」が約1.2GB、「AQUOS U SHV35」が約1.28GB。

 更新にかかる時間はWi-Fiが約35〜40分、4G(LTE/WiMAX 2+)が約40〜45分。アップデートはアプリ一覧から「設定」アプリを起動→「端末情報」→「システムアップデート」と選択する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう