連載
» 2018年07月28日 10時00分 公開

初の電子コンパス搭載! ナビ機能を強化した「C3003P」(懐かしのケータイ)

GPSに加えて電子コンパスを新たに搭載した「C3003P」。方角の確認ができるようになり、内蔵の地図アプリでカーナビのようなヘディングアップ機能が利用できるようになりました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「C3003P」です。

「C3003P」(閉じた正面)
「C3003P」(開いた正面) 「C3003P」

 2002年に発売されたC3003Pは、auが2001年12月に開始したGPSを利用した位置情報サービス機能「eznavigation(イージーナビゲーション)」対応モデルの第4弾として登場しました。

 同機能の対応機種としては初めて「電子コンパス」を搭載し、プリインストールアプリで方角の確認ができるようになった他、ナビタイムの「トータルナビ」アプリでは、電子コンパスを利用して進行方向に合わせて自動的に地図が回転する「ヘディングアップ機能」に対応していました。

「C3003P」(開いた背面)
キー回り

 また、国内初のBREW(ブリュー)対応端末でもあり、標準搭載アプリの一部がBREWベースで作られていました。ただし、BREWアプリのダウンロードには対応しておらず、追加することはできませんでした。

 auの2G(cdmaOne)ケータイとして最後の端末となったC3003Pですが、その発売翌日には初の3G(CDMA2000)ケータイも発売。それゆえに、魅力的な機能を備えていながら実に微妙な立ち位置の製品となってしまいました。

左側面
右側面

 ちなみに、2007年に「W51P」が発売されるまで、au向けのパナソニック製ケータイは一時供給がストップ。パナソニックファンは5年間待たされることになりました。

手に持った様子

「C3003P」の主な仕様

  • 発売日:2002年3月31日
  • キャリア:au
  • メーカー:松下通信工業
  • サイズ:約47(幅)×95(高さ)×25(奥行き)mm
  • 重量:約102g
  • メインディスプレイ:2型(132×176ピクセル)TFT液晶 6万5536色
  • サブディスプレイ:モノクロ液晶
  • ボディーカラー:ホワイト、ブラック、オレンジ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう