ニュース
» 2018年11月07日 10時30分 公開

AI検知エンジン搭載 BBソフトが「詐欺ウォール」新バージョンをリリース

BBソフトサービスは、新たにAI検知エンジンを搭載した「詐欺ウォール/Internet SagiWall」をリリース。専門家による解析を機械学習で自動化し、変化のスピードが速いネット詐欺手口にも対応する。また、主要SNSのアプリ内ブラウザや標準ブラウザからのアクセスでも詐欺サイトを検知・ブロックをサポートする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクグループのBBソフトサービスは、11月6日にネット詐欺サイトをブロックする専用ソフト「詐欺ウォール」の新バージョンを発売した。

 新バージョンでは変化のスピードが速いネット犯罪手口の変化に対応するため、新たにAI検知エンジンを搭載。通報などによる詐欺サイトのブラッリストで防御する「ブラックリスト検知」、専門家によって解析された詐欺サイトの特徴を自動的に判別する「ヒューリスティック検知」を補完するもので、解析を機械学習で自動化してサイクルの早い詐欺手口に対応する。

Photo 新たにAI検知エンジンを搭載

 またAndroid版では、主要SNSアプリ内ブラウザでの詐欺サイトのブロックにも対応。iOS版では新機能「VPNガード」を追加。詐欺ウォールのサーバ経由でインターネット接続をすることで、Safariや主要SNSアプリ内ブラウザのアクセスでも、詐欺サイト検知と警告メッセージの表示が可能となった。

Photo 主要SNSアプリ内ブラウザなどに対応

 取り扱いは同社直販サイトで行い、価格はダウンロード版(3台1年)が3024円(税込)。11月20日からはAmazonや全国家電量販店でパッケージ版を販売開始する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう