ニュース
» 2018年12月04日 19時00分 公開

Android 9 Pieもサポート:「ATOK for Android [Professional]」がバージョンアップ 推測変換の効率を向上

ジャストシステムの「ATOK Passport プレミアム」ユーザー向けの日本語入力アプリがバージョンアップ。PC版に導入済みの「ATOKディープコアエンジン」を組み込み、予測変換の効率を約30%向上した。

[井上翔,ITmedia]

 ジャストシステムは12月4日、Android向け日本語入力アプリ「ATOK for Android [Professional]」をバージョンアップした。ATOK for Windows/Macと同等の「ATOKディープコアエンジン」を変換エンジンとして採用し、バージョンアップ前と比べて変換効率を約30%改善。ユーザーインタフェース(UI)にも改善を加えた。

 ダウンロードは無料だが、利用には同社の月額制サービス「ATOK Passport プレミアム」(月額476円)を契約する必要がある。

ATOK

バージョンアップの概要

 今回のバージョンアップの目玉は、ATOKディープコアエンジンの採用だ。

 同エンジンは深層学習(ディープラーニング)によって抽出した日本語の特徴を変換エンジンのアルゴリズムに取り込んだことが大きな特徴で、2018年版のATOK for Windows/Macで初めて採用された。

 スマートフォンやタブレットで使うことを想定して、ATOK for Android [Professional]のディープコアエンジンでは入力・変換した文字列の“次”に来る言葉の「推測変換」に最適化したチューニングを施している。

チューニング変更その結果 ATOK for Android [Professional]では、利用デバイスに合わせて予測変換に重点を置いたチューニングを実施

 UI面では、従来は分かりづらかった「ATOKメニュー」や「コントロールパネル」などにワンタッチでアクセスできる「ツールバー」を新設した。

 ただし、ツールバーは「高さ調整バー」と排他で、両者を同時に表示することはできない。不要な場合は、高さ調整バーと同様に非表示にもできる。

ツールバー 新たに搭載された「ツールバー」(非表示にもできる)

Android 9に正式対応 Android 4.3以前はサポート終了

 今回のバージョンアップでは、最新OSの「Android 9 Pie」に正式対応する一方で、Android 4.3までのOSについてはサポートを終了する。

 サポート外となったOSを搭載する端末でも、OSをAndroid 4.4以降にバージョンアップすれば引き続きアプリを利用できる。バージョンアップできない場合は、機種変更などを検討しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう