ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

「904iシリーズ」最新記事一覧

関連キーワード

2007年度 年間携帯販売ランキング:
2007年度、最も売れたケータイは?──ドコモ編
HSDPAやワンセグ機種を拡充した「904iシリーズ」、横並びで一気に高機能になった「905iシリーズ」、デザインや“薄型”を追求した「70xiシリーズ」、年間を通して売れる「らくらくホンシリーズ」。2007年度のドコモ端末で最も人気だった端末は何だろうか。(2008/4/30)

YouTube、ドコモの904i/905iシリーズに対応
YouTubeは1月24日、ドコモの携帯電話の一部でYouTubeが視聴できるようになったと発表した。904iシリーズと905iシリーズが対応しており、短めの動画なら900iシリーズ以降、703iシリーズ以降(Pを除く)でも動くはず、としている。(2008/1/24)

「D905i」にiD関連の不具合、ソフト更新で改善――NTTドコモ
NTTドコモは三菱電機製「D905i」に、iD決済時にエラーが表示され、操作が終了しない不具合があると発表した。ソフト更新で対応する。また、NEC製「N904i」、富士通製「F903i HIGH-SPEED」のソフト更新も開始する。(2007/12/11)

写真で見る「D705i」
「D904i」より大きな3インチワイドQVGA液晶を搭載し、ワンセグ録画に対応したスライドモデルとして登場するのが三菱電機製の「D705i」。直線基調のシャープなボディデザインを採用し、これまでの“D”のスライドとは異なる雰囲気の端末に仕上がった。(2007/11/5)

一歩進んだ「FOMA SH904i」活用術:
PR:こんな方法があったのか! 名刺リーダーで簡単電話帳登録──「SH904i」ならではの名刺管理術
ドコモのシャープ製ハイエンド端末「SH904i」には、とても便利な「名刺リーダー」が搭載されていることをご存じだろうか。ダイヤルキーで文字を入力しなくても、名前や電話番号、住所などをあっという間に電話帳に登録できる。画面が見にくければ、「ワンタッチ文字拡大」機能も活用したい。(2007/10/22)

「N904i」のソフトアップデートを開始──サブディスプレイやMTPモードの不具合を修正
NTTドコモは9月20日、NEC端末「N904i」のソフトウェアアップデートを発表した。サブディスプレイが表示されない不具合やMTPモードでPCと接続できなくなる不具合を修正する。(2007/9/20)

「P904i」レビュー:
904iシリーズ唯一の“Bluetoothケータイ”は、最強音楽ケータイか──「P904i」
904iシリーズで唯一Bluetoothを搭載し、ワイヤレスでの音楽再生をサポートする、パナソニック モバイル製の「P904i」。本機は新たにWMAや“うた・ホーダイ”に対応し、ワイヤレス音楽再生における使い勝手も向上した。というわけで、実際にBluetoothを軸にした機能をチェックしていこう。(2007/9/19)

ドコモ山口部長のMC Talk:
第16回 大容量動画だってあっという間にダウンロード――ゲスト:澤井玲菜さん
NTTドコモのコンテンツ担当部長である山口善輝氏が、素敵なゲストとモバイルコンテンツについて語るコーナーの第16回目。今回はHSDPA対応で下り最大3.8Mbpsでの高速パケット通信が可能な「N904i」を使い、レースクイーン澤井玲菜さんが動画コンテンツを楽しんだ。(2007/9/4)

「P904i」の指定着信設定や音楽再生に不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモはパナソニック モバイル製の「P904i」に、着信拒否設定などを行う「電話帳指定設定」と、microSDカードに録音した音楽の再生に不具合があると発表した。ソフト更新で改善する。(2007/8/29)

ドコモ山口部長のMC Talk:
第15回 レースクイーン娘は「直感ゲーム」で腕がパンパン!?――ゲスト:中山佐和香さん
NTTドコモのコンテンツ担当部長である山口善輝氏が、素敵なゲストをお迎えしてモバイルコンテンツについて熱く語り合うコーナーの第15回目。904iシリーズの一部で新たに対応した「直感ゲーム」に、ケータイゲーム初心者のレースクイーン佐和香ちゃんが挑戦!(2007/8/14)

おサイフケータイをかざして、箱根の観光情報を入手――小田急
小田急グループは、箱根の観光スポット情報や割引クーポン、待受画像などを、専用ポスターからおサイフケータイで取得できるサービスを提供する。NTTドコモ903i/904iシリーズで利用できる。(2007/7/30)

高機能の「N904i」に人気集まる──904iシリーズの読者人気投票
ドコモの2007年夏モデル「904i」シリーズ5機種で、ITmedia読者が“欲しい”と思った機種は何だろうか。(2007/7/23)

1Gバイトメモリやハンドストラップが当たる──「D904i」キャンペーン、締め切り迫る
「D904i」の購入者向けキャンペーンが締め切り間近だ。抽選で1Gバイトやオリジナルハンドストラップ、ちびフィギュアが当たる。(2007/7/23)

ワイヤレスジャパン2007:
初公開のコンセプトモデルで“N”ケータイの変革を強調――NECブース
ワイヤレスジャパン2007 NECブースでは、夏モデルの「N704iμ」「N904i」や現行モデルをそろえタッチ&トライを実施。初公開となるコンセプトモデルの展示も行われた。(2007/7/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
絵はちょっとハデだが、“ヨコモーション”はカメラも楽しく快適──「F904i」
ドコモの904iシリーズで唯一ワンセグを搭載し、ディスプレイが左右90度に傾く“ヨコモーション”機構が特徴の富士通製の「F904i」。これはワンセグだけでなくカメラ機能も楽しく快適に使えるものなのだろうか。その使い勝手を作例とともに検証していこう。(2007/7/11)

「新しい『N』らしさ、確立しつつある」──NEC 矢野社長
「液晶が美しいとほめられた」──NECの矢野社長は、経営方針説明会でN904iを掲げて喜んだ。不振にあえいできた携帯電話端末の名門「N」が復活しつつある。07年度は黒字化が必達の目標だ。(2007/7/10)

ドコモ山口部長のMC Talk:
第14回 キティちゃんからガンダムまで直感ゲームは新感覚――ゲスト:西村みずほさん
NTTドコモのコンテンツ担当部長山口善輝氏が、素敵なゲストをお迎えしてモバイルコンテンツについて熱く語り合うコーナー。今回は、904iシリーズで楽しめる「直感ゲーム」の第2弾! その直感的な、みずほちゃんのリアクションにも大注目。(2007/7/12)

Mobile Weekly Top10:
なぜ「704i」なのか、なぜGPS搭載機がないのか──ドコモの704iシリーズ
904iに続き、メジャーバージョンアップという位置付けで登場したドコモの「704i」シリーズ。発表会では、なぜ703iSではなく704iなのか、なぜGPS搭載機が1機種もないのかという質問が挙がった。(2007/7/9)

携帯販売ランキング(6月25日〜7月1日):
夏モデル同士の争い激化──中でも人気の機種は?
ドコモの夏モデル「904i」シリーズの人気がじわじわ上がり、さらに今週発表した「704i」シリーズも近日登場予定。auはワンセグ端末が人気で、ソフトバンクモバイルは7月に新機種の登場ラッシュを迎える。各社の“夏モデル”はどれが人気か、早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。(2007/7/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“ホントに速くなった”携帯カメラの完成型、1つのカタチ──「SH904i」
“写り”に定評のあるシャープ製のハイエンド端末だが、今回試す「SH904i」のカメラ機能はどこが進化し、前機種とどう違うのか。その写りと使い勝手を改めてじっくり確認していこう。(2007/7/2)

「P904i」「W52CA」「912SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「P904i」「SO903iTV」、auの「W52CA」「W52SH」「W52P」「W52S」「W53T」、ソフトバンクモバイルの「912SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/6/28)

名刺リーダーやTOUCH CRUISERを実機で体験──「SH904i」タッチ&トライイベント
シャープは6月27日から29日までの3日間、都内で「SH904i」の名刺リーダーやTOUCH CRUISER、パノラマ撮影、ワンタッチ文字拡大などの各機能を実機で体験できるタッチ&トライイベントを開催している。(2007/6/27)

PR:第6回 数々の挑戦を乗り越えた──「SH904i」誕生の裏側
シャープの最新FOMA端末「SH904i」には、「TOUCH CRUISER」や名刺リーダーを搭載し、独特の表情を持つアルミパネルを採用するなど、さまざまな新しい試みが盛り込まれている。これらの機能はどうやって実現されたのか。開発の舞台裏に迫った。(2007/6/26)

PR:「D904i」をもっと便利に──知ると得する“Tips 17”
端末の高機能化に伴い、普段使っているだけでは気がつかない機能やマニュアルを見ないと分からない機能が増えた。今回は「D904i」を使いこなすために知っておきたい17のポイントを紹介する。(2007/6/25)

「SH904i」の新機能が存分に試せる──品川、羽田、大手町で体感イベント開催
シャープが6月27日から29日まで、品川駅、羽田空港駅、大手町のサンケイビル・メトロスクエアにて、ビジネスパーソンをターゲットにした「SH904i」の新機能機能体験イベントを開催する。(2007/6/22)

ドコモ山口部長のMC Talk:
第13回 ズームインお天気お姉さんが「直感ゲーム」を体を張って体験――ゲスト:伊原凛さん
NTTドコモのコンテンツ担当部長である山口善輝氏が、素敵なゲストをお迎えしてモバイルコンテンツについて熱く語り合うコーナーの第13回目。904iシリーズで初めて搭載された話題の「直感ゲーム」を、ゲストの伊原凛さんが体を張って体験。(2007/6/19)

開発陣に聞く「P904i」:
“P”が変えたこと、どうしても変えられなかったこと(後編)
“P”らしさは損ねずも「何か新しい。何か変わった」と感じられる端末を目指したパナソニック モバイル製の「P904i」。後編は、より細かいデザインの意図や裏側、そして新機軸のNewカスジャケの秘密などに迫っていく。(2007/6/18)

PR:第5回 音楽、映像、きせかえ、マンガ、直感ゲーム──SH904iの多彩なエンタテインメント機能
うた・ホーダイ、10Mバイトiモーション、きせかえツールといった、ドコモの最新端末に共通のサービスに加え、SH904iは独自のマンガ・ブックリーダーを搭載するなど、幅広いエンタテインメント機能をサポートしているのも魅力だ。(2007/6/18)

携帯販売ランキング(6月4日〜6月10日):
ケータイ“夏商戦”、そろそろ本格化──新機種登場ラッシュ始まる
今週、ドコモの「904i」シリーズの5機種すべてが登場し、auやソフトバンクモバイルの新機種も続々発売。2007年の夏商戦は、発売ラッシュの開始とともにそろそろ本格化してくる様相だ。そんな中で人気の端末は何か。早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。(2007/6/15)

スリム&新カスジャケの「P904i」発売、新規価格は2万円台後半
ドコモの904iシリーズで最後の登場となったパナソニック モバイル製の「P904i」が発売された。都内量販店の新規価格は約2万9000円。(2007/6/15)

「メールです、ご主人さま」──メイド姿のゆうこりんがSH904i用きせかえコンテンツに
プライムワークスは6月15日、きせかえツールデータの配信サイト「カスタモ for i」で、シャープ製FOMA端末「SH904i」で利用できるきせかえコンテンツ「小倉優子<メイドバージョン>」の提供を開始する。(2007/6/15)

開発陣に聞く「P904i」:
“P”が変えたこと、どうしても変えられなかったこと(前編)
ワンプッシュオープンに折りたたみボディ、そしてカスジャケ。今までの“P”の特徴を受け継ぎつつも「何か新しい。何か変わった」という印象を受ける端末に進化したパナソニック モバイル製のFOMA端末「P904i」。そのデザインにどんな意図を込めたのか、P904i開発チームに聞いた。(2007/6/15)

ムービーで見る「D904i」:
PR:「D904i」のモーションコントロールは、“こんな時に”便利
モーションコントロールの搭載により、振ったり、傾けたりして操作できるようになった「D904i」。いつ、どんな時に便利なのかをムービーで見ていこう。(2007/6/14)

「N904i」デザインインタビュー:
“N”が折りたたみでなくなる日――キーパーソンが語るこれからのNECデザイン
NECのケータイが変わった――「N702iD」から「N904i」に至る最近の“N”端末を見て、そう感じるユーザーは多いだろう。NEC製携帯のデザインはどう変化し、どこへ向かおうとしているのか。同社チーフクリエイティブディレクターの佐藤敏明氏に聞いた。(2007/6/12)

新機軸カスジャケとスリム&ミラーデザイン──「P904i」、6月15日発売
ドコモは、パナソニック モバイル製のFOMA端末「P904i」を6月15日に発売すると発表。これでドコモの2007年夏商戦向けモデル「904i」シリーズが全機種揃った。(2007/6/11)

携帯販売ランキング(5月28日〜6月3日):
「904i」シリーズ、早くも失速?──新機種の敵は旧機種という様相も
ドコモの新機種「904i」シリーズの発売ラッシュが続いている。前回1位の「N904i」は防衛できたか、安価になった旧機種の動きはどうか。auとソフトバンクモバイルの新機種はどう動くか。早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。(2007/6/8)

jigブラウザが「D904i」に対応――振って動かす直感操作が可能に
jig.jpのフルブラウザアプリ「jigブラウザ」が、ドコモの「D904i」に対応した。Webページの進む/戻る操作を、端末を左右に振ることで行える。(2007/6/8)

“振ったり傾けたり”して操作できる「D904i」、新規価格は3万円前後
モーションコントロールセンサーを搭載し、端末を振ったり傾けたりしての操作が可能な「D904i」が、都内量販店の店頭に並んだ。都内量販店での新規契約は3万450円。(2007/6/8)

「D904i」開発陣インタビュー:
キーワードは“洗練”――三菱電機が抱くスライド端末へのこだわり
三菱電機製の「D904i」は、スライドボディという特徴は維持しながら、従来モデルとは異なる部分も多い端末だ。本体の傾きを検知するモーションコントロールセンサー搭載の経緯や、“ワンプッシュオープン”からの変更理由などを開発陣に聞いた。(2007/6/8)

PR:「D904i」は“ここ”が新しい──7つの新機能をチェック
大画面+スリムなスライドボディが人気の“D”に、さらなる使いやすさが加わった──。モーションコントロールセンサーの搭載で、“振る”“傾ける”といった新感覚の携帯操作を実現したのが「D904i」だ。ここでは、7つのポイントからD904iの新機能を解説しよう。(2007/6/8)

「D904i」「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応
ドコモの夏モデル「D904i」と、auの夏モデル「W52H」「W52SA」がモバイルSuicaに対応した。(2007/6/6)

PR:第3回 デジカメを忘れても困らない──パノラマ撮影も楽しめる「3.2Mピクセルカメラ」
3.2MピクセルのCCDを搭載した「SH904i」のカメラは、携帯電話のカメラとしては非常に高い画質と性能を誇る。さらにパノラマ撮影などの新たな機能も搭載し、デジカメ代わりにも十分使える。(2007/6/6)

“振って操作”できる大画面スライド携帯「D904i」、6月8日に発売
NTTドコモは、三菱電機製の「D904i」を6月8日に発売する。2.8インチ(ワイドQVGA)液晶を搭載し、端末を振ったり、傾けて操作できるモーションコントロールセンサーを内蔵した。(2007/6/4)

携帯販売ランキング(5月21日〜5月27日):
ドコモの夏モデル「904i」発売開始──“N”と“SH”どちらが売れた?
2007年夏モデルの一番乗りはドコモから。25日に発売したN904iとSH904iは何位に入ったか。auやソフトバンクモバイルの動向はどうか。6月はそんな夏モデルの登場ラッシュに沸きそうだ。(2007/6/1)

“ヨコモーション携帯”「F904i」、新規価格は3万円台前半
3.1インチワイドディスプレイを左右に傾けられる「F904i」が、都内量販店の店頭に並んだ。都内量販店での新規契約は3万1500円。(2007/6/1)

「F904i」がモバイルSuicaに対応
ヨコモーション対応のワンセグケータイ「F904i」が、モバイルSuicaに対応した。(2007/6/1)

「N904i」開発陣インタビュー:
「脱“もっさり”宣言」――攻めのNECが「N904i」で目指すものとは
NEC製のHSDPA端末「N904i」は、これまでの同社製品とは一線を画す存在だ。著名な海外デザイナーを起用し、見た目だけでなくコンセプトも変化している。NECの中で何が変わったのか開発担当者に聞いた。(2007/5/31)

PR:第2回 面倒なキー入力なしで電話帳データを一括登録──「名刺リーダー」
シャープの最新FOMA端末「SH904i」を使いこなすのにぜひ覚えておきたいのが「名刺リーダー」だ。名刺をカメラで撮影するだけで、簡単に電話帳に名前や連絡先が登録できる。(2007/5/31)

写真で解説する「F904i」の進化点
富士通初のワイドQVGA液晶を搭載した「F904i」。どんなシーンで3.1インチ240×432ピクセルのワイド画面が生きるのか、大画面を生かしたどんな機能が搭載されたのかをチェックした。(2007/5/30)

携帯でPCを遠隔操作──「mobile2PC」に高速/高解像度の“N904i”対応版
高解像度で高速になった携帯で自宅のPCを遠隔操作──。キットピークのPC遠隔操作アプリ“mobile2PC”にHSDPA+3インチワイドVGA液晶搭載のN904i対応版が登場した。価格は2980円。無償30日試用版も用意する。(2007/5/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。