ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D705iμ」最新記事一覧

三菱電機、携帯端末から撤退──“D”端末は「D705i」「D705iμ」で歴史に幕
三菱電機は3月3日、携帯電話端末事業から撤退することを明らかにした。「D906i」などの新端末の開発は行わず、すでに納入済みの機種をもって新機種の投入は終了する。(2008/3/3)

「D705iμ」、バリューコースは一括3万7590円/分割は月1435円から
1月30日、メタリック調ボディのストレート端末「D705iμ」が店頭に並んだ。705iシリーズ向けの冬割分差し引き後のバリューコースの端末価格は、新規の一括払いが3万7590円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは1435円(24回分割の場合)からとなっている。(2008/1/30)

ドコモの「P705i」「D705i」「D705iμ」「N705i」、1月25日から順次発売
ドコモの春モデル4機種が、1月25日から順次店頭に並ぶ。発売日は「P705i」が1月25日、「D705i」と「D705iμ」が1月30日、amadanaケータイ「N705i」が2月1日。(2008/1/22)

写真で解説する「D705iμ」(機能編)
「D705iμ」は705iシリーズでは数少ないストレート型端末。厚さ10.3ミリ、重さ85グラムの薄型軽量ボディに、音楽プレーヤー、フルブラウザ、おサイフケータイ、3G海外ローミング、2in1などの機能を搭載し、メタリック調の斬新なデザインを採用した。(2008/1/18)

動画で見る「D705iμ」の着信イルミネーション
メタリック調のボディが特徴のストレート端末「D705iμ」。キーを光らせることで、着信を知らせるイルミネーションが特徴だ。どのように光るのか動画で見てみよう。(2008/1/11)

写真で見る「D705iμ」
メタリックな輝きを放つ三菱電機製のストレート端末「D705iμ」。FeliCaや3Gローミング、WMA再生に対応し、シートキーに凸型のボタンを付けるなど使いやすさにも配慮した。(2007/11/5)

フラットな金属の固まりをイメージさせる薄型ストレートケータイ――「D705iμ」
「D702i」「D703i」に次いで登場する三菱電機製のストレート型端末「D705iμ」は、メタリック感のあるフラットボディとハーフミラーコートを施したディスプレイが特徴。凸型の小さなキーが着信イルミの役割も担い、さまざまな光り方で着信を通知する。(2007/11/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。