ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Silverthorne」最新記事一覧

Pepperで始めるロボットプログラミング(4):
新しい「Choregraphe」と「Pepper」は何が変わった?
Pepperの一般販売開始に伴い「Choregraphe」もバージョンアップした。Pepper本体についてもマイナーチェンジが行われているので、新旧ChoregrapheとPepperの差異、互換性について紹介する。(2015/8/28)

インテル、“グラフィックスコア統合”Atom N450を発表
インテルは、グラフィックスコアとメモリコントローラを統合した新世代Atomと対応チップセットを発表した。搭載PCは2010年1月4日以降にASUS、デル、MSIなどから発表される予定だ。(2009/12/21)

Viliv S5の受注再開も:
ブルレー、7型ワイド液晶で660グラムのミニPC「Viliv X70」
ブルレーは韓国Yukyung Technologies製ミニPC「Viliv X70」の取り扱いを発表。8月19日13時に予約受付を開始し、期間限定の発売記念キャンペーンも実施する。(2009/8/17)

ファンレスは継続:
デルの新顔Netbook「Inspiron Mini 10v」の切れ味を試す
Netbook/低価格ノートPCのラインアップを拡充し続けるデルから、Inspiron Mini 9の後継となる廉価モデルが登場した。その店頭モデルをチェックしよう。(2009/7/17)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Intel Ultra Mobility Eventで「MooresTown」をプチプチした
これまでも「チラリ」と見せてもらえていた動くMooresTwon。なんと、さわり放題のサンプルがTAIPEIに登場した。これは、プチプチするしかないでしょう。(2009/6/5)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

元麻布春男のWatchTower:
袂を分かつインテルのモバイルアーキテクチャ
Intelのモバイル/携帯デバイス分野の次世代プラットフォームについて、いくつか進展があったので、その動きを整理しよう。(2009/5/14)

12.1型WXGA液晶×革張りボディ:
“Eee PCの上を行く”Atom搭載スリムノート――ASUS「S121」とは何者か?(前編)
ASUSのAtom搭載スリムノート「S121」は、1280×800ドット表示の12.1型ワイド液晶と約8.2時間駆動のバッテリー性能、洗練されたデザインが特徴だ。その実体に迫る。(2009/5/13)

大型連休連続レビュー第2回:
mbook M1のキーボードと液晶ディスプレイをチェックする
「mbook M1」は、PSPより短い幅(ただし、奥行きはmbook M1が長い)が特徴。しかし、小さいことと使いやすさとはトレードオフの関係にある。今回はmbook M1の使いやすさをリポートしよう。(2009/5/5)

大型連休レビュー第1回:
300グラム台でWindowsが動く「mbook M1」がやってきた
PSPやニンテンドーDSのような“持ち心地”の「mbook M1」をゲット! 屋外に持ち出してその使い勝手や性能を検証した。第1回目は購入方法から外観までをチェックする。(2009/5/1)

この静けさはクセになる:
デルが放つファンレスノートPC第3弾「Inspiron Mini 10」を360度チェックした(後編)
低価格のNetbookとはいえ、性能やバッテリーの駆動時間は気になるところだ。デルの新製品を早速チェックした。(2009/3/31)

HDMI端子付きNetbook:
デルが1366×768ドットやワンセグも選べる低価格ミニノートPC「Inspiron Mini 10」を追加
精力的にNetbook/低価格ミニノートPCをリリースするデルから、10.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載の新モデルが発売される。(2009/3/30)

Netbookに飽き足らない人へ:
XPになって値下がりした超小型PC「LOOX U」を味わう(後編)
「FMV-BIBLO LOOX U」のWindows XPモデルは、PC市場を席巻しているNetbookに対抗できるのか!? 後編はパフォーマンス、バッテリー、発熱、騒音に肉薄する。(2009/2/24)

元麻布春男のWatchTower:
Windows XPを搭載したデルの低価格スリムノート「Inspiron Mini 12」を試す
Windows VistaやUbuntuに加え、XPも選べるデルのお手ごろスリムノート「Inspiron Mini 12」だが、最も汎用性の高いXP搭載モデルを試してみた。(2009/1/19)

「Tick-Tockは正確に時を刻んでいる」──インテルは2009年も研究開発を惜しまない
インテルは、1月16日に2008年の業績と2009年における事業方針にかんする説明会を行った。会場では“Mobiln”MIDやAtom搭載テレビのデモも紹介された。(2009/1/16)

2009 International CES:
でっかいブースで小さなMIDをプチプチする
CESの「でっかいブース」といえば、LGやSamsungといった「テレビ系」だが、Intelも大きなブースを展開している。そのIntelブースで2009年もプチプチしてみた。(2009/1/14)

ソニー初のAtomマシンが登場:
これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?――「VAIO type P」徹底検証(前編)
ソニーが満を持して投入したAtom搭載の低価格ミニノートPC「VAIO type P」は、後発なだけあって、あらゆる面で差異化がなされている。早速、Netbookと並べて検証した。(2009/1/8)

2009年PC春モデル:
1600×768ドット液晶/588グラムの“ポケットスタイルPC”――「VAIO type P」
米国で開催中の2009 International CESにて発表された薄型軽量の新型VAIOノート「VAIO type P」が1月16日に国内でも発売される。直販価格は7万9800円からだ。(2009/1/8)

Intel Atomの最新ロードマップが流出か
UBSの調査リポートによると、Intelは2010年後半に、32nm製造プロセスの採用によりAtomプロセッサを小型化する計画だ。(2008/12/11)

悪ければ悪いほどインテルは元気になる──吉田社長、2008年を総括する
インテルは12月9日に定例の記者会見を行い、同社代表取締役社長の吉田和正氏が新製品の発表が相次いだ2008年を振り返った。(2008/12/10)

AtomとARMは競合しない
“PC USER”的には「Netbook、Nettop、MIDのためのCPU」で十分なAtomだが、その守備範囲はもっと広い。その「Atomの別な顔」をインテルが説明した。(2008/11/27)

で、実際のところは!?:
デルの10万円切りスリムノート「Inspiron Mini 12」をテストする
何かと気になる、デルのAtom搭載スリムノートPC「Inspiron Mini 12」でベンチマークテストを実行した。その結果は……。(2008/10/28)

写真だから分かる:
デルが放つ大画面スリムPC「Inspiron Mini 12」をチェックする
デルが新たに投入したAtom搭載PC「Inspiron Mini 12」。従来のNetbookとは違い、スリムで大画面の液晶ディスプレイを備えたボディを細かく見ていこう。(2008/10/27)

拡大するNetbook戦線:
デルがファンレスで大画面の低価格ミニノート「Inspiron Mini 12」を投入
拡大する一方の低価格ミニノートPC戦線に、12.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載のこれまでになかったスリムモデルが登場する。しかも発売は店頭優先だ。(2008/10/27)

CEATEC JAPAN 2008:
「MIDのOSはLinuxが最適」──チャンドラシーカ氏、AtomとMIDを語る
繰り返しAtomを取り上げてきたが、登場前と登場後で方向性が大きく変わったように思えてならない。IntelはAtomを、そしてMIDをどうするつもりなのか。(2008/10/2)

元麻布春男のWatchTower:
ARMはAtomを撃退できるのか
インテルが何度となく挑んできた組み込み向け市場に君臨するARM。「AtomはARMより優れている」と喧伝する“挑戦者”インテルに“王者”ARMが反論した。(2008/9/18)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

Intel Developer Forum 2008:
ARMからAtomへ――組み込み市場に賭けるIntel
リビングを目指した“Viiv”。小型機器を目指した“XScale”。どちらも「転進」を余儀なくされた。Intelは、その戦場に再度臨もうとしている。(2008/8/27)

元麻布春男のWatchTower:
Silverthorneはどこに行くのか
IDF 2008のメインテーマはNehalemだったが、もう1つの主役はAtom。ビジネスとして多く語られるのは“NetbookのCPU”だが、最初は“MIDのCPU”が注目されていたはずだ。(2008/8/25)

Nettopの実力:
フェイスの超小型PC「-est 100」でAtomと過ごす夏休み
Eee PCやAspire oneなどNetbookに注目が集まりがちなAtomだが、どっこいデスクトップの小型PCもあなどれない。フェイスのNettop「-est100」を遊び倒した。(2008/8/22)

富士通謹製UMPC再び:
Atom搭載「LOOX U」の進化ぶりを写真でじっくり解説する
富士通のコンバーチブル型UMPC「FMV-BIBLO LOOX U」は、Atom搭載機でもNetbookとは一味も二味も違う。新旧比較を交えつつ、写真とともにじっくりチェックする。(2008/8/22)

Intel Developer Forum 2008:
“Nehalem”と“組み込み”で一気に攻勢をかける
秋以降の新製品ラッシュを控えて注目されるIDF 2008。初日に行われたゲルシンガー氏のキーノートスピーチでは、IntelがPCの次に目指す“市場”について紹介された。(2008/8/21)

本命“MID”のパフォーマンスと消費電力を試す:
ウィルコム「WILLCOM D4」ショートショートレビュー
これまでも「Atom搭載」ノートPCのレビューを紹介してきたが、それらはすべて“Netbook”としてのAtomノートだった。“Silverthorne”を搭載したWILLCOM D4でCentrino Atomの実力に迫る。(2008/7/14)

NVIDIA、携帯ネット端末市場でIntelと激突
携帯型インターネットデバイスの市場はまだはっきりとは確立されていないが、この分野には将来性があり、そして強力なライバルIntelの存在がある。(2008/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
FMV-LIFEBOOKやTOUGHBOOKなどMIDの新作がズラリ――Centrino Atomショウケース
Atom搭載のNetbookが話題をさらった2008年のCOMPUTEXだが、Atom搭載MIDも盛り上がっていた。Intelの講演とMIDショウケースの模様をお届けする。(2008/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
GIGABYTEのEee PC対抗ノートも触ってみた
GIGABYTEのAtom搭載ミニノート「M912X」は、タッチパネル式の8.9インチワイド液晶を搭載。解像度は1280×768ドットと、表示環境で新型Eee PCを上回るが……。(2008/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
Atom搭載のEee PCとEee Boxに触ってみた
COMPUTEXのASUS Eee PCブースでは、発表されたばかりのAtom搭載Eee PCに加えて、デスクトップ版のEee Boxも展示中だ。さっそく実機を試用した。(2008/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
ASUS、Atomと8.9/10.2インチワイド液晶搭載の新世代Eee PCを発表
COMPUTEX TAIPEI 2008の開催初日となる6月3日、Eee PCの新モデル「Eee PC 901/1000/1000H」が発表された。外観も性能も、そして……価格もアップする。(2008/6/3)

IntelとAMD、その決算と米国経済状況で見えるもの
2大チップメーカーの1〜3月期決算の数字は、米国の経済状況を判断する手掛かりを与えてくれそうだ。(2008/4/15)

デバイスマネージャで見る「WILLCOM D4」
PCなのかスマートフォンなのか。どちらにとらえるかでWILLCOM D4はその姿を大きく変える。ここでは、PCとしての姿をデバイスマネージャをとおして紹介しよう。(2008/4/15)

写真で解説する「WILLCOM D4」(外観編)
ウィルコムが発表したW-SIM対応のシャープ製UMPC「WILLCOM D4」。どのように“プチプチ”できるのか、またこれまで登場したスマートフォンとどう違うのか、まずはその外観からチェックした。(2008/4/14)

Windows Vista搭載、スライド+チルトスタイルの「WILLCOM D4」を発表
ウィルコムは4月14日、横スライドスタイルのCentrino Atom採用UMPC「WILLCOM D4」を発表した。OSはWindows Vista Home Premium SP1で、Office Personal 2007もプリインストールする。(2008/4/14)

3月29日〜4月4日:
5分で分かる今週のモバイル事情
ツーカーが15年の歴史に幕を下ろした翌日、KDDIが次世代通信の方式としてLTEの採用を検討しているというニュースが流れた。インテルはモバイル機器向けプラットフォームの「Centrino Atom」を発表。ウィルコムの喜久川社長は「世界最速のタイミングでAtom搭載機を出す」と意気込んだ。(2008/4/4)

Intel Developer Forum 上海 2008:
インテルが考えるNettopとNetbookの“限界”
NettopとNetbookのローンチイベントとしての役割も果たしたIDF上海。その最後に行われたプレスブリーフィングではそれぞれの構成概要と既存PCとの違いが訴求された。(2008/4/4)

Intel Developer Forum 上海 2008:
製品スペックが見えてきた「MID」──Showcase「Mobile Internet Device Community」
Atomが正式に発表されたものの、詳細なスペックがなかなか出てこないMID。IDF上海でもその状況はあまり変わらないが、意外なベンダーがスペックシートを公開した。(2008/4/4)

Intel Developer Forum 上海 2008:
MID展示は当たり前。IDF上海で「Moorestown」ボードが登場
Atom発表に合わせて日本でもサンプルが紹介されたMID。上海ではCESで紹介されたモデルが再登場。しかし、サプライズはMID以外で用意されていた。(2008/4/3)

Intel Developer Forum 上海 2008:
パルムッターさんは上海で「Netbook」をアピールする
春のIDFが上海で開幕した。初日のキーノートでは同日発表された“Atom”に関連した「小型デバイス」が主役、と思ったのだが。(2008/4/2)

ウィルコムのMIDは“世界最速で”発売──インテル「Centrino Atom」発表会
インテルが4月2日に開催した「Atom」プロセッサと「Centrino Atom」プラットフォームの発表会に、ウィルコムの喜久川政樹社長がゲストとして登場。同氏はウィルコムのMIDを「近々に紹介できる」と話した。(2008/4/2)

上海だけじゃない:
モバイルインターネット革命が始まる──Centrino Atom搭載MIDが展示
IDF上海の開幕に合わせて、ここ日本でもCentrino Atomを発表、同システムを備えた超小型デバイスが展示された。(2008/4/2)

Intel、モバイル向けCPU「Atom」の詳細を発表
インテルは、モバイル用途向けとなる省電力プロセッサ「Intel Atom」ブランドの詳細についての発表を行った。(2008/4/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。