ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cyber-shotケータイ SO905iCS」最新記事一覧

SO905iCS、SO905i、SO906i、キッズケータイ F801iに不具合
ドコモの「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」「キッズケータイ F801i」に不具合があることが判明。同社はソフト更新を開始した。(2009/12/16)

「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」のメールやブラウザに不具合
ソニー・エリクソン製の「SO905iCS」「SO905i」「SO906i」に不具合があることが判明。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2009/6/23)

「SO905iCS」「D905i」「N902iL」に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
NTTドコモの「Cyber-shotケータイ SO905iCS」「D905i」「N902iL」の3機種に不具合があることが判明した。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2008/11/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“Cyber-shot”ならではのおもしろさが詰まっている──「Cyber-shotケータイ W61S」
ドコモに続き、auでも“ケータイカメラはこうあるべき”と提案するソニー・エリクソン製のハイエンドデジカメケータイが登場した。ドコモ版“Cyber-shotケータイ”や本家“Cyber-shot”とどう違うか、SO905iCSとCyber-shot Tシリーズと比べた作例とともに「Cyber-shotケータイ W61S」のカメラ機能をチェックしていく。(2008/5/19)

開発陣に聞く「SO905iCS」:
例えば「合コンで便利」――高機能を生かす“Cyber-shotケータイ”のバランス感覚
日本初の“Cyber-shotケータイ”として登場したのが、NTTドコモのソニー・エリクソン製端末「SO905iCS」だ。最適な撮像素子の登場と、ユーザーニーズの合致が重要だったというSO905iCS開発の背景を聞いた。(2008/3/26)

「Cyber-Shotケータイ」と「SO905i」に、きせかえツール関連の不具合――ソフト更新で対応
ドコモはソニー・エリクソン製の「SO905i」と“Cyber-Shotケータイ”「SO905iCS」のソフト更新を開始した。きせかえツールに関連する不具合を修正する。(2008/3/18)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“Cyber-shotを使っている”ような楽しい気分になる──Cyber-shotケータイ「SO905iCS」
500万画素CMOSや光学3倍ズーム、顔認識AF「顔キメLite」や笑顔認識シャッター「スマイルシャッター」を搭載する、ソニー・エリクソン製の“Cyber-shotケータイ”「SO905iCS」。では、どれだけ“Cyber-shot”しているのか。作例や使い勝手とともに、その実力を見ていこう。(2008/3/5)

ドコモ、「Cyber-Shotケータイ」など4機種のソフト更新を開始
NTTドコモは、NEC製「N905i」「N905iμ」、シャープ製「SH905i」、ソニー・エリクソン製「Cyber-Shotケータイ SO905iCS」のソフト更新を開始した。(2008/3/4)

「Cyber-Shotケータイ SO905iCS」発売、バリューコースは一括5万円台半ば/月々2100円から
NTTドコモのソニー・エリクソン製デジカメ端末「Cyber-Shotケータイ S905iCS」が発売となった。新規価格は、バリューコース一括支払いで5万3550円、24回分割なら頭金3150円、月々2100円からだった。(2008/2/15)

ドコモ、「Cyber-shotケータイ SO905iCS」を2月15日に発売
NTTドコモはソニー・エリクソン製のデジカメ端末「Cyber-shotケータイ SO905iCS」を2月15日に発売する。有効510万画素CMOSやAF+手ブレ補正付きの光学3倍ズームレンズ、自動シャッターの「スマイルシャッターLite」を搭載する。(2008/2/12)

写真で解説する“Cyber-shotケータイ”「W61S」(外観編)
“Cyber-shotケータイ”「W61S」は、ドコモ向け「SO905iCS」と同じ5メガCMOS+光学3倍ズーム+顔認識AF+スマイルシャッターというハイスペックカメラに加え、さらにワンセグとBluetoothを搭載したハイエンドモデルだ。(2008/1/29)

写真で解説する「Cyber-shotケータイ SO905iCS」(ソフトウェア編)
“Cyber-shot”ブランドを冠した、デジカメケータイ「SO905iCS」。カメラ機能も気になるところだが、“携帯電話”としての機能はどうなのか。内蔵コンテンツやメール作成画面、音楽再生機能などをチェックした。(2008/1/10)

動画で見る「Cyber-shotケータイ SO905iCS」
海外向け端末ではすでに登場していた“Cyber-shot”ブランドを冠するデジカメケータイが、国内でもようやく登場。「Cyber-shotケータイ SO905iCS」はどのくらい“Cyber-shot”しているのか、動画でチェックしてみよう。(2007/11/2)

写真で解説する「Cyber-shotケータイ SO905iCS」
ソニーのデジタルカメラ“Cyber-shot”ブランドを冠した、ソニー・エリクソン製の「SO905iCS」。スライド式レンズカバーを装備した外観のみならず、その中身もまさにデジカメ。携帯として最高クラスのカメラ機能に加え、携帯ならではの撮った写真を楽しむ機能も充実する。(2007/11/2)

Cyber-shotケータイの“サイバーショット度”をチェックする
人気デジカメブランド「サイバーショット」の名を冠する携帯電話「SO905iCS」が登場した。どこまでサイバーショットに近づいたのか、ドコモの発表会に潜り込んでチェックしてみた。(2007/11/2)

“Cyber-shotケータイ”登場、光学3倍ズーム/510万画素/顔検出AFを搭載──「SO905iCS」
“Cyber-shotケータイ”が国内でもようやく登場。ソニー・エリクソン製の「SO905iCS」は、510万画素CMOSに光学3倍リニアズーム、顔検出AF、手ブレ補正、高輝度LEDフラッシュ、SNS/Blog投稿機能など、携帯最強クラスのカメラ機能を備えて登場する。(2007/11/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。