ドコモ,iモードメールの機能を拡張──長文メールの受信も可能に

AOLのメールアドレスとサーバを利用して,iモードメールが全角2万5000文字に対応した。iモードからの利用料金は無料だ。

【国内記事】 2001年5月21日更新

 NTTドコモとドコモ・エーオーエルは5月21日,iモードメールとAOLメールを連携させた「AOLi」サービスを6月1日から開始すると発表した。

 AOLiサービスにより,iモードユーザーは「xxx@docomo.ne.jp」に加えて「xxx@aol.com」のアドレスを新たに取得し,新アドレス宛てに送信されたメールをiモード対応携帯電話とPCの両方から閲覧できるようになる。PC側では添付メールなども扱える。

fig

 xxx@aol.com宛に送られたメールは,iモードに自動転送される。また,iモードから専用サイトにアクセスすることで,文字数が250文字以上のメールもiモードから閲覧できるほか,30ユーザーまで同報送信することも可能になる。

 実質,新メールアドレスを利用することで,iモードメールが以下のように拡張されることになる。

  • 最大受信文字数が2万5000文字に
  • PCからも閲覧可能に
  • 30ユーザーまでの同報送信が可能に

 AOLiサービスの対象となるのは,iモードユーザー。iメニューサイト「AOLメニュー」からオンラインで登録できる。既にAOLのメールアドレスを持っている人も,新たにメールアドレス取得する必要がある。新たに取得するメールアドレスはユーザーが決定できる。

 料金は,3カ月間は無料。3カ月を過ぎた場合もiモード携帯電話からは同様の機能を利用できるが,PCから利用する場合はドコモ・エーオーエルへの入会が必要となる。

 従来のiモード携帯電話単体のメール機能(右)と比較して,AOLiでは最大受信文字数などが大きく向上している(左)。ただし,携帯電話単体のメール機能が拡張されたわけではなく,“AOLiの専用サイトにアクセスすることで”拡張されたという点には注意が必要だ。

AOLiiモードメール
最大受信文字数 全角2万5000文字 全角250文字
最大送信文字数 全角250文字 全角250文字
同時送信数 宛先・CC合わせて30ユーザー 1〜10ユーザー
新着保存件数 1000通・27日間 50通・30日間(iモードサーバに保存)
既読保存件数 550通・3日間 端末に依存
送信保存件数 550通・27日間 端末に依存

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!