icon もばいる
つくりかた
 [第7回]

俺色にそまれ!特製ケータイのつくりかた

こんにちはー,「もばいるのつくりかた」第7回です。今回はちょっと趣向を変えて,「あなただけの特製ケータイ」の作り方のお話です。人と同じじゃイヤ! という個性的な,ワガママなあなたにお届けします!

【国内記事】 2001年6月20日更新

 少し前に,ある人が自慢げに見せてくれました。「これ,いいでしょ〜」と持ち出されたのはゲームボーイアドバンス。当時はまだ手に入りにくい頃だったから,いーなーいーなーと思ったところ,私以外の皆さんは「そ,そんなのあったっけ?」。やだなぁ,もう発売してますよー,と言おうとして……え? 確かに。そのゲームボーイアドバンス,なんというか「漆黒」の,ブラックモデルだったんです。……そんなの,売ってませんよね。

 にこにこして,その持ち主が教えてくれました。なんでも携帯ゲーム機や,もちろん携帯電話にも好みのペイントをしてくれる「工房」があるとのこと。そこにお願いして「俺専用オリジナルモデル」にしてもらったのだそうです。

 そこが,今回ご紹介する「彩工房」(さい・こうぼう)さん(彩工房)。茨城県は水戸市まで行ってきました。うーん,私のケータイ,どんな風にしてもらおうかなー(私欲)。

 ちなみに今回ご紹介するペイント作業をしてもらうと,一般的なメーカーの保証が受けられなくなることもあるとのこと。ご注意くださいね。

ケータイから,バイクまでみーんな「俺専用」ペイント!

 事前の取材のお願いの時に「なにぶん,のどかなところですので」なんて言われていたのですが,自然に囲まれたナチュラルな雰囲気の中に「彩工房」さんはありました。早速,工房におじゃましてお話を聞いたのですが,とてもおしゃれな素敵な工房でした。

 彩工房は,代表の富田裕二さんがほぼ1人で運営している個人工房とのこと。すでに受注する仕事の量はものすごく膨らんでいるそうですが,経験の必要な作業が多く,しかも品質第一の富田さんは「いやー,辛いんですけど,なかなか分業して任せられるものでもないんですよね」と言います。

 まずは,と,これまで手がけられた「作品」を記録されているアルバムを何冊も見せてもらいました。

 ブルーのイルカのイラストや,ピンクの桜模様,木目調などなど。そのバリエーションの多彩さにまず圧倒されてしまいました。さらにペイントする対象も,携帯電話が多いものの,バイクのタンクやビリヤードのキューまで,さまざまです。これって,みんな富田さんが塗られたんですか?

 「ええ,もちろんそうです。それに,決まったパターンのオーダーってほとんどないんですよね。お願いされる『塗りの対象』もほとんどバラバラですし。毎回研究しながらやっています」

 それは裏返すと,どんなデザインでも,どんなものにでも,ペイントできる! ということですよね。俺に塗れないものはない! というその心意気が熱いです。

サーフボード→ヘルメット→そしてケータイ

 「彩工房」を興した冨田さんは,以前は電気関係の会社員をされていたとのこと。それ以前の学生時代には,当時まだ珍しかったサーフボードをオリジナルにペイントする会社でアルバイトをしていたのだそうです。

 「その頃は,自分がこういうことを仕事にするなんて思いもよらなかったんですけれども,すごく楽しかったんですよね。サーフボードって,普通の人が使うのはほとんど既製品じゃないですか。それをお客さんの好みに応じて塗り分けるんですが,苦労も含めて面白かったんです」

 時は,まだまだケータイなんて世の中に存在するずっと前。でも,その頃からなんとなく世の中には「個性」をアピールする風潮が出てきていました。そんな中で,サーフボードというアクティブな世界のお客さんの,自分の自慢のボードに好みのペイントをしたいという欲求を受けて,サーフボードに「個性」を施していた冨田さん。その仕事は面白かったものの,学生時代を過ぎ,一度は普通に電気関係の会社に就職されます。

 そして,少し時間が経ったある日のこと。冨田さんは趣味の自動車レースをしていた時に,ふと思い立って,その頃の技術を思い出しながらヘルメットにオリジナルのペイントをしてみたそうです。そうしたら,それが大評判! お願いされてお友達にも塗ってあげたり,それを見た人にも頼まれたり……。

 もしかしてこれってお店になるかな,と思い看板を出したところ,「俺専用」がほしい人たちから大好評! いまや独立されて「彩工房」を興すまでになったとのこと。当初はヘルメットペインターとして始めたお仕事でしたが今ではずいぶんと幅が広がっているようです。

塗れるものは何でも塗ります!

 「塗れるモノは,何でも塗りますよ。丁寧さと出来栄えには自信あります。でもね,『塗る』って作業は仕事のごく一部で,ほとんどの時間は『塗る』ための下準備と研究なんです。そこを入念にやって,その上で作業にかかるところが大事なんだと思います」

 簡単に言うと,

  1. 入念な依頼主さんとの相談(デザインなどを納得いくまで詰めていく)
  2. 引き受けて送られてきた品物をどう塗るか構想を練る
  3. 構想にもとづいて,分解,及び塗る内容(絵や素材)の準備
  4. 分解した品物の,メーカー製の塗装をはがす
  5. 塗装をのせる部分を一回り小さく削る(ここがミソ!)
  6. そして,やっと塗装

 そうしてできあがった完成品は,まるでメーカーの既製品のような出来栄えです。こんな携帯,売っていたかしら? と思ってしまうくらい,自然で,完成度が高いんです。まさに職人技。

 特にこの木目なんか,まるで本物みたいです。寄木細工調ケータイ,という感じ。これはパターンをプリントするんでしょうか?

 「いえ,それはすべて手で描いています」

 え! この木目は手描きなんですか!?

 と,とてもそんな風には見えません。

 「最初『木目調にしてくれ』と依頼を受けた時は,まず時間をもらって,木目の研究をしたんです。柱とかドアとか木目をじーっと見て。そしていろいろ試してみて,やっと木目が描ける自信がついて,その依頼を引き受けました」

 富田さんは寄木細工調Macintosh,なんてものまで作られたこともあるとか。ううっ,私のSE/30も塗ってもらいたいです。それにしても,皆さん,この木目が全部手描きだなんて,信じられます?

Photo

 さてさて。次回はその「塗り」のヒミツについてのお話です。俺色,私色のケータイがほしいあなたも楽しみにおまちくださいね。それではまたー,「もばいるのつくりかた」でした!

[絵本 智,ITmedia]

連載バックナンバー
▼ 第1回 iアプリのつくりかた コネクト(1)
▼ 第2回 iアプリのつくりかた コネクト(2)
▼ 第3回 きれいなLEDのつくりかた──スタンレー電気
▼ 第4回 7色LEDのつくりかた──スタンレー電気
▼ 第5回 携帯ストラップ編 トップランドその1
▼ 第6回 携帯ストラップ編 トップランドその2
▼ 第7回 俺色にそまれ!特製ケータイのつくりかた(1)
▼ 第8回 俺色にそまれ!特製ケータイのつくりかた(2)
▼ 第9回 ケータイのアンテナがぴかぴかするとカッコいいのだ!
▼ 第10回 ケータイの電池は強くて長持ち! そして燃えない??
▼ 第11回 “安全な”リチウムイオン電池のつくりかた
▼ 第12回 “電波がいっぱいになる? 回線を確保せよ〜携帯電話の通信方式〜
▼ 第13回 通信方式の進化は止まらない! 国際派ケータイへの道
▼ 第14回 君はアキハバラを知っているか!?〜夏休みお出かけガイド〜
▼ 第15回 液晶ってなんだろう?「液晶=イカ墨」説の謎
▼ 第16回 液晶はねじれている? ディスプレイの魔法
▼ 第17回 STN vs TFT,今後の液晶を制するのはどっち!?
▼ 第18回 10円玉と100円玉をばらまいて作りました!〜スーパーモバイル液晶〜
▼ 第19回 秘密基地潜入レポート! 液晶のふるさとシャープ天理工場
▼ 第20回 外出先で電池切れ! そんなピンチに強ーい味方,使い捨て充電器!
▼ 第21回 使い捨て携帯充電器……過充電の心配は? 適合機種の基準は?
▼ 第22回 新しいケータイへの換え時はいつ?
▼ 第23回 モバイルエージェントって何?〜飛行機と空港の関係〜
▼ 第24回 ケータイでP2P! 対戦ゲームもリアルタイムで
▼ 第25回 ケータイで伝わる「口コミ」情報〜Jumonの可能性〜
▼ 第26回 秋葉原の新名所!? 「ブロードバンドカレー」の謎を仕掛け人に聞く!
▼ 第27回 300円のケータイコンテンツなら,必ずそれだけの価値を!
▼ 第28回 チョロQも雑誌も? ケータイを飛び出したコンテンツたち
▼ 第29回 Javaはいらない? 私にもiアプリが作れた!
▼ 第30回 まるでSF! 未来のモバイルはこうなる!? ウェアラブルインターネット機器
▼ 第31回 ごろ寝したままインターネット! モバイルはフリーハンドで

関連リンク
▼ 彩工房

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!