News:ニュース速報 2002年5月16日 02:38 PM 更新

JPRS、日本語JPドメインのIE向け閲覧サービスを終了

JPRSは、Internet Explorerで日本語JPドメインサイトにアクセスできるサービスを終了する。RealNames営業停止のあおりを受けた

 JPドメインを管理・運用する日本レジストリサービス(JPRS)は5月16日、日本語JPドメイン名のWebサイトにInternet Explorerでアクセスできるサービスを5月末で終了すると発表した。JPRSは、日本語JPドメイン名の登録・管理、DNSの運用は従来通り継続するとしている。

 同サービスは、IE 5.0以降のアドレスバーに直接、「xxxx(日本語).jp」を入力することでサイトにアクセスできるもので、2001年8月にスタートした。だが技術を提供していた米RealNamesが6月末でのサービス停止を発表。JPRSは「サービスの安定性保証の困難さを考慮」し、5月末でのサービス終了を決めた。

 日本語JPドメイン名をASCII互換文字列に変換するアルゴリズムは、IETF(Internet Engineering Task Force)が標準化作業を進めている段階。JPRSは、日本語JPドメイン名の早期サービス実現のためにRealNamesの技術を採用、標準化に先駆けてアクセスできるようにした経緯がある。

 同社によると、国際化ドメイン技術はIETFで標準化審査の最終段階という。JPRSは「標準化を視野に入れ、日本語JPドメインサービス開始のための準備を進めている」とし、日本語ドメイン名協会(JDNA)らと協力して対応アプリケーションの開発促進など環境整備に注力するとしている。

 JDNAは5月15日、RealNamesの営業停止は日本語ドメイン名の運営に「一切の影響を与えない」とする声明を発表している。

関連記事
▼ 「日本語ドメイン名は大丈夫」 JDNAが声明
▼ 日本語JPドメインWeb、8月27日から閲覧可能に
▼ [WSJ] RealNames、MSとの契約終了でサービス停止へ
▼ RealNamesが破綻した本当の理由

関連リンク
▼ ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -