News:ニュース速報 2002年7月3日 05:08 PM 更新

ワードパットを1億回起動する新種ワーム「SLIP.B」

トレンドマイクロは7月3日、新種ワーム「VBS_SLIP.B」が見つかったとして警告した。感染するとワードパットを1億回起動し、Windowsをハングアップさせる

 トレンドマイクロは7月3日、新種ワーム「VBS_SLIP.B」が見つかったとして警告した。感染するとワードパットを1億回起動し、Windowsをハングアップさせる。危険度は「低」で、感染例は見つかっていない。

 Visual Basicスクリプトで記述されたワーム。電子メールの添付ファイルとして届く。件名は「Actualizacion critica de Anti-virus」、本文は「Actulizacion critica contra el virus KLEZ este es el ultimo parche para su desinfecion」、添付ファイル名は不定。

 感染すると、Windowsのワードパッドを1億回起動し、PCをハングアップさせる。また「spip.vbs」「slip_b.exe」「nerfix.exe」などのファイルを上書きして破壊する。

 また自身のコピーを添付したメールを、Outlookのアドレス帳に登録されている全員のメールアドレスに送信する。

 その後、活動の証拠として「HKEY_CURRENT_USER\Software\scan_anti-virus"」レジストリに「"(r)"」という値を追加する。

関連リンク
▼ 「VBS_SLIP.B」情報

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -